世の終わりの預言の成就ー救い主イエスは既に戻られた
01

終わりの日のラッパが既に響いて、主イエスは既に密かに降臨された

終わりの日に災害が頻繁に発生し、地震、疫病、飢饉、洪水、干害、虫害などが絶え間なく起こり、しかもますます深刻になり、世界各国は混乱状態であり、天体も稀に見る異象が現れ、主の再来の預言が既に実現され、終わりの日のラッパが既に響き、主イエスは既に密かに降臨されました……

終わりの日の災害の預言

参考聖書箇所

「またオリブ山ですわっておられると、弟子たちが、ひそかにみもとにきて言った、『どうぞお話しください。いつ、そんなことが起るのでしょうか。あなたがまたおいでになる時や、世の終りには、どんな前兆がありますか』。そこでイエスは答えて言われた、『…また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない。それは起らねばならないが、まだ終りではない。民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初めである。…その時には、世の初めから現在に至るまで、かつてなく今後もないような大きな患難が起るからである。』」(マタイによる福音書 24:3-21)

わたしはまた、天と地とにしるしを示す。すなわち血と、火と、煙の柱とがあるであろう。ヤーウェの大いなる恐るべき日が来る前に、日は暗く、月は血に変る」(ヨエル書 2:30-31)

小羊が第四の封印を解いた時、第四の生き物が『きたれ』と言う声を、わたしは聞いた。そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者の名は『死』と言い、それに黄泉が従っていた。彼らには、地の四分の一を支配する権威、および、つるぎと、ききんと、死と、地の獣らとによって人を殺す権威とが、与えられた」(ヨハネの黙示録 6:7-8)

終わりの日に主イエスはどのように来られるかについての預言

参考聖書箇所

ちょうど、いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう」(マタイによる福音書 24:27)

だから、あなたがたも用意をしていなさい。思いがけない時に人の子が来るからである」(マタイによる福音書 24:44)

見よ、わたしは盗人のように来る。裸のままで歩かないように、また、裸の恥を見られないように、目をさまし着物を身に着けている者は、さいわいである」(ヨハネの黙示録 16:15)

見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう」(ヨハネの黙示録 3:20)

見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう。しかり、アァメン」(ヨハネの黙示録 1:7)

関連する神の言葉:

わたしはわたしの栄光をイスラエルに与え、その後その栄光を移す、そしてイスラエルの人々を東方へ連れて行き、すべての人々を東方へ連れて行った。わたしは彼らをみな「光」へと導いた、彼らが光と再会し、光と交わり、それ以上探す必要がないように。わたしは探し求めているすべての者が再び光を見て、わたしがイスラエルで持っていた栄光を見られるようにする。わたしはずっと前に白雲に乗って人々の間 …

続きを読む

通読おすすめ

キリストの再来についての七つの預言 キリストの再来についての七つの預言
災害が頻繁に発生している今日、私達はどのように主の再来を迎えるのか 災害が頻繁に発生している今日、私達はどのように主の再来を迎えるのか
終末預言は既に実現され、主は既に新しい名前に変えて戻られた 終末預言は既に実現され、主は既に新しい名前に変えて戻られた
02

賢いおとめはどのように主を迎え、災いの前に携挙されるのか

主イエスは言われました。「夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした。」(マタイによる福音書25:6)「見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。」(ヨハネの黙示録3:20)ここから分かったのは、終わりの日に主は言葉を語ることによって人々に戸を叩き、賢いおとめは神様の声を聞いて主を迎え、子羊の足跡に付き従い、神様の玉座の前に引き上げられて、子羊の婚宴の席に着くことができるのです。

賢いおとめは神様の声を聞いて主を迎えた

参考聖書箇所:

そこで天国は、十人のおとめがそれぞれあかりを手にして、花婿を迎えに出て行くのに似ている。…しかし、思慮深い者たちは、自分たちのあかりと一緒に、入れものの中に油を用意していた。…夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした。そのとき、おとめたちはみな起きて、それぞれあかりを整えた。…そこで、用意のできていた女たちは、花婿と一緒に婚宴のへやにはいり、そして戸がしめられた」(マタイによる福音書 25:1、4、6-7、10)

見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう」(ヨハネの黙示録 3:20)

耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい」(ヨハネの黙示録 2:29)

わたしの羊はわたしの声に聞き従う。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしについて来る」(ヨハネによる福音書 10:27)

求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである」(マタイによる福音書 7:7-8)

こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである」(マタイによる福音書 5:3)

関連する神の言葉

神の足跡を探し求めている私たちは、神の心と、神の言葉、神の発する声を探り求める必要がある。神の新しい言葉があるところには神の声があり、神の足跡があるところには神の業があるからである。神による表現があるところには神の現れがあり、神の現れがあるところには真理と、道と、いのちがある。神の足跡を探し求める中で、あなたがたは「神は真理であり、道であり、いのちなのです」という言葉を無視していた。そのため、真理を受け取っても神の足跡を見出したとは思わない人が多いのである。ましてや、神の現れを認めることなどない。なんと大きな過ちだろうか。神の現れは人が思うようなかたちで来ることはない。ましてや神が人の言うままに現れるようなことはない。神は、自分の判断で動き、自分の計画に従って働く。さらに、神には神自身の目的と方法がある。 …

続きを読む

神様の御声をどのように聞き分けるのか

参考聖書箇所

わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう」(ヨハネによる福音書 16:12-13)

見よ、ユダ族のしし、ダビデの若枝であるかたが、勝利を得たので、その巻物を開き七つの封印を解くことができる」(ヨハネの黙示録 5:5)

関連する神の言葉

受肉した神は神の本質を有し、受肉した神は神による表現を有する。神は人間の姿になるので、なすべき働きを打ち出し、神は人間の姿になるので、自分が何であるかを表して、人に真理をもたらし、人にいのちを与え、人に進むべき道を示すことができる。神の本質を含んでいない肉体が受肉した神ではないことは間違いなく、これについて疑う余地はない。受肉した神かどうか調べるためには、その人が表す性質や話す言葉からそれを決めなければならない。つまり、人間の姿になった神かどうか、それが真の道かど …

続きを読む
ご連絡ください

今、終わりの日の災害が頻繁に発生し、しかもますます大きくなり、これは皆神様が人類に対する警告と喚起です。もしあなたは主イエスの再来及びどのように主を迎えて災いの前に携挙されるかなどについて、困惑や質問があれば、或いはこの側面に関するメッセージをもっと知りたいなら、どうぞお気軽くに下のアイコンをクリックして私たちにご連絡ください。

聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?