律法の時代に神がイスラエルで働かれたのはなぜか

    2019年 09月 01日

    ヤーウェが、イスラエル人の地で行った働きは、人間の間に、神の地上においての発祥地、神が居た聖なる場所を創った。神は、イスラエルの人々に自身の働きを限定した。初め神は、イスラエルの外では働かなかった。代わりに、神は働きの範囲を制限するため、適切であると思う人々を選んだ。イスラエルは、神がアダムとエバを創った場所であり、その場所の塵から、ヤーウェは人を創った。それが、地上におけるヤーウェの働きの本拠地である。ノアやアダムの子孫であるイスラエル人は、地上におけるヤーウェの働きの出発点であった。

    イスラエルにおけるヤーウェの働きの意義、目的、段階は、その働きをイスラエルの中心から他の国々へ徐々に広げながら、全地でその働きを始めることであった。これは、全宇宙を通しての神の働きの原則である。すなわち、雛形を確立し、宇宙のすべての人が彼の福音を受け入れるまで、それを広げるというやり方である。……さらにまた、他の人々と民族(実際にはイスラエルとは別の人々と民族ではなく、イスラエル人から分かれ出た人々と民族であり、依然としてアダムとエバの子孫である)が、イスラエルからヤーウェの福音を受け取るようになり、宇宙における全ての創造物がヤーウェを畏れ、ヤーウェを崇めるようになるために、ヤーウェはイスラエルで働きを始めた。「律法の時代における働き」より

    律法の時代に神がイスラエルで働かれたのはなぜか

    ヤーウェはこの働きを人類を創造した後に開始し、この働きはヤコブの時代まで、ヤコブの十二人の息子たちがイスラエルの十二部族になるまで続いた。それ以降は、イスラエルのすべての人が地上で正式にヤーウェに導かれる民となり、イスラエルは神がその働きを行なう地上における特別な場所となった。ヤーウェはこれらの人々を地上での正式な働きをそのあいだで行なった最初の集団とし、イスラエルの全土をヤーウェの働きの起点とした。ヤーウェはイスラエルの人々をさらに偉大な働きの先駆けとして用いたのは、ヤーウェから生まれた地上のすべての人々がいかにヤーウェを崇め、いかに地上で生きるべきかを知るようになるためであった。このように、イスラエルの人々の行いは、異邦人が後に続くべき模範となり、イスラエルの人々のあいだで語られたことは、異邦人に聞かれるべき言葉となった。イスラエルの人々はヤーウェの律法と掟を受け取った最初の民であり、ヤーウェのさまざまなあり方をいかに崇めるべきかを最初に知った民であったからである。イスラエルの人々はヤーウェのあり方を知っていた人類の祖先であり、ヤーウェに選ばれた人間の代表であった。「神の働きのビジョン(3)」より

    イスラエルで実行された最初の段階ほど象徴的なものはない。イスラエルの人々は諸国民の中で最も聖く、最も堕落していない人たちであり、この地の新しい時代の夜明けは最大の意義を持っていた。人類の祖先はイスラエルから来て、イスラエルは神の働きの発祥地であったということができる。はじめのころ、この人たちは最も聖く、そしてみなヤーウェを礼拝し、彼らの中の神の働きは偉大な成果をもたらすことができた。聖書の全体が二つの時代の働きを記録している。ひとつは律法の時代の働きであり、もうひとつは恵みの時代の働きである。旧約聖書はイスラエルの人々に向けられたヤーウェの言葉と、イスラエルにおけるヤーウェの働きを記録している。新約聖書はユダヤの地におけるイエスの働きを記録している。ではなぜ聖書には中国人の名前が記載されていないのであろうか。それは神の働きの最初の二つの部分がイスラエルで行なわれたからであり、イスラエルの人々は選民だったからである――つまり、彼らはヤーウェの働きを最初に受け容れた民族であったということである。彼らは全人類の中で最も堕落しておらず、はじめのころ彼らは神を見上げ、崇敬する意向であった。彼らはヤーウェの言葉に従い、常に神殿で奉仕をし、祭司の衣や冠をつけた。彼らは神を礼拝した最初の民族で、神の働きの最初の対象であった。人類すべての見本であり模範であった。聖と義の見本であり模範であった。ヨブアブラハム、ロト、ペトロ、テモテのような人たち――彼らはみなイスラエル人で、最も聖なる見本であり模範であった。イスラエルは人類の中で神を礼拝した最初の国で、他のどこよりも義なる人々が出た。神は将来全地で人類をより良く管理できるようにイスラエル人の中で働いた。彼らが成就したことと、ヤーウェへの崇拝の義は記録され、その結果彼らは恵みの時代にイスラエルを越えて人々の見本、模範となることができた。そして彼らの行動は今日に至るまで、数千年の働きを支えた。「神の働きのビジョン(2)」より

    コメントを残す

    賛美歌「神の前で静まる者だけがいのちに集中する」

    神の前で静まる者だけがいのちに集中する Ⅰ 神の前で静まれる者は 世の束縛から解放された人であり 神に彼らを占めさせることが出来る 神の前で静まれない者は堕落していて 慎みがない人であり 彼らは身勝手で ひどくわがままである 神の前で静まれる者は皆神を慕う 敬虔な人である 神の前で静まれる者は い…

    十戒映画ー神が律法を定める

    音楽ドキュメンタリー 「万物の主権を握るお方」抜粋シーン(8)神が律法を定める モーセがイスラエルの民をエジプトから連れ出した後、神は律法と戒めを定め、それによって地上での民の生活を導き、どのように神を礼拝すべきかを教えた。これらの律法と戒めはイスラエルの民を導いただけでなく、後の時代の法律に基準を…

    福音賛美・聖歌「神の言葉によって物事を見ることを学びなさい」

    神の言葉によって物事を見ることを学びなさい Ⅰ もしあなたが神により完全にされたいなら 全てのことを体験し 直面する全てのことにおいて 啓示を受けることを学びなさい 善であれ悪であれ いろんなことがおきても いつでも受身にならず そこから益になるものを見つけ出しなさい そうする人には素晴らしい未来が…

    律法の時代:神の働きの目的と意義

    イスラエルにおけるヤーウェの働きの意義、目的、段階は、その働きをイスラエルの中心から他の国々へ徐々に広げながら、全地でその働きを始めることであった。これは、全宇宙を通しての神の働きの原則である。すなわち、雛形を確立し、宇宙のすべての人が彼の福音を受け入れるまで、それを広げるというやり方である。最初の…

    なぜ新しいいのちを得るために神を信じる人たちは祈り、集まり、神の言葉を読まなければならないのか。

    神の御言葉による答え: 祈りは人間が神と協力する方法のひとつであり、人間が神を呼び求める手段であり、人間が神の霊に動かされる過程である。祈りのない者は霊の無い死んだ者であると言える。それは、彼らには神によって心を動かされる能力が欠けている証拠である。祈りが無ければ、彼らは正常な霊的生活を実現できず、…

    神の権威により、第一の日に人類の昼と夜が生まれ、確立した

    それでは、最初の聖句を検討する。「神は『光あれ』と言われた。すると光があった。神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。」(創世記1:3-5)この聖句では、創世における神の最初の行動が描写されて…

    教会音楽「あなたの生活を神の言葉で満たしなさい」いのちのパンを享受する

    あなたの生活を神の言葉で満たしなさい 今日からあなたが話す時は 神の言葉について話しなさい あなた達が集まる時には 真理による交わりを持ちなさい 神の言葉について知っていること 実行していること そして聖霊の働きについて話しなさい 自由に過ごす時でも神の言葉について語りなさい 無駄話はせず あなたの…

    神の権威により、第四の日に人類の季節、日、年が造られた

    創造主は、最初の3日間、言葉により神の計画を実現しながら過ごした。この3日間において、神は多忙にしている様子も、疲弊している様子も無く、逆に神はこの3日間を満喫し、世界の劇的な変化を実現していた。神の前には全く新しい世界があり、神の心に秘められていた美しいイメージは、遂に神の言葉となって明らかとなっ…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?