あなたは神の「みこころ」を理解しているのか

    2017年 11月 29日

    昨日、わたしはインターネットでこういう物語を読みました。ある少年は外で大金を儲けました。そこで、彼は馬に乗って、喜んで家路をたどりました。しかし途中で大雨が降り出しました。そのため、彼の全身がびっしょりとぬれました。すると、彼はお天道様が意地悪をすると文句を言いました。彼が林まで行った時、拳銃を手にしている強盗は道に待ちかまえて彼の財物を強奪しようとしました。このような時、雷が鳴りました。少年の馬は雷におびえて走り出しました。強盗は発砲したいが、銃弾が湿ったため、発砲できなくなりました。こうして、少年は一難を逃れました。その後、運よく難を逃れた彼は絶えずこの大雨に感謝していました。

    この物語を読んだ後、わたしはこう思っています。多くの時、わたしたちはこの少年と同じように自分の好みや想像によって自分の身に起こることを扱いますが、わたしたちが思っているような「悪い」事の背後に神のみこころがあること、神のみこころが事物の背後に隠されていて、わたしたちには想像できないことを知りません。例えば、ヨセフは幼い時、兄たちによってひそかにエジプト人に売られました。そのため、彼は数多くの苦難を受けました。うわべでは、これは悪いことですが、でも最後にヨセフはエジプトを治める者になりました。各国が七年間の飢饉に見舞われる前に、ヨセフは神に祝福されて神の啓示を受けたので、前もって十分な食糧を貯蔵しました。彼の助けのおかげで、彼の家族は飢饉を切り抜け、彼の民族のすべての人の命は助かりました。

    アブラハム,神の「みこころ」を理解しているのか

    わたしたちはまたアブラハムに起こることを見ましょう。彼は百歳で息子をもうけました。しかし、神は彼に彼の唯一の大事な息子を燔祭としてささげ、彼の息子を神に返すようにと命じられました。このこともわたしたちの観念にかないません。だが、アブラハムはどのように扱ったでしょう。彼は神と事の是非を論じず、また不平を言わず、神に逆らわず、神の要求にしたがって息子を山に連れて、祭壇を築きました。彼が刃物を取り、息子を屠ろうとした時、神は彼を制止されました。そして、神は彼の子孫を海辺の砂のように、天の星のように増やすと言って、彼を祝福されました。

    神はこう言ったことがあります。「わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり、わたしの道はあなたたちの道と異なると主は言われる。天が地を高く超えているように、わたしの道は、あなたたちの道を、わたしの思いはあなたたちの思いを、高く超えている」(イザヤ書55:8-9)。

    よく考えてみましょう。わたしたちは塵にすぎないのに、どうして造物主の知恵を計り知ることができるでしょうか。実は、わたしたちの観念、想像にかなわないことにおいて、わたしたちの求めるべき真理があります。だから、わたしたちの観念、想像にかなわないことが起こったら、わたしたちは心を静めて神のみこころを探るべきです。これこそ、わたしたちの持つべき理智、態度です。もしわたしたちが自分の観念、想像だけによって判断し、神のみこころを求めないなら、わたしたちは神に逆らう者になり、神を犯すようなことをしでかして、神に懲罰され、呪われるかもしれません。例えば、あの時働きに来られた主イエスは人の観念、想像にかないませんでした。当時、人々はこう思っていました。メシアが王宮に生まれるはずだ、しかもメシアが威風堂々としていて、王者の風格がある、彼はきっと人々を導いてローマ政府の支配を覆し、人々が幸せで平穏な生活を送れるようにする、このようなメシアこそ人々の待ち望んでいる王だ、と。しかし主イエスは飼い葉桶の中に生まれ、普通の家庭で成長し、人に対する憐れみ、慈しみに満ちていました。彼は人々に、神に罪を告白し、悔い改めるべきだとか、神を愛するべきだとか、敵を愛するべきだとか、他人に寛容で、我慢するべきだなどと教えられました。主は来られた後、真理を発表して、人々を罪の中から贖い出されました。だが、当時の人は神のなみなみならぬ苦心を理解せず、かたくなに自分の観念を守り、主イエスの発表される真理を受け入れず、何はばかることなく主イエスに逆らい、主イエスを冒涜し、最終的に主イエスを十字架につけました。そのため、彼らが神に懲罰され、呪われ、すなわちイスラエル国が滅びました。

    今になっても、わたしたちのうちの多くの人は依然としてこの面の真理を理解しません。彼らは自分の観念、想像だけによって自分の身に起こることと神の働きを扱います。神のなさることが気に入らないと、「神のするこのことはよくない」、「神のするあのことは正しくない」、「神はこうすべきではなかった」、「神はそうするわけにはいかない」などと言って、神を誤解し、怨みます。わたしたちはこのように思ったり、あのように思ったりした時、「神のみこころは何ですか」と考えましたか。わたしたちは事の背後の神のみこころを本当に知っていますか。わたしたちはこの問題を突っ込んで考えるべきです。

    通読おすすめ:

    神によるアブラハムに対する祝福である

    神の愛は善いこと、悪いことの両方で見ることができます

    コメントを残す

    真の父の御旨を行なうこととは何か

    「わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。」(マタイによる福音書7:21)父の御旨を行なうのはどのような人でしょうか。なぜ主イエスは神の名において預言し、悪魔を追い払い、素晴らしい働きを行なった人々に「あなたが…

    ソロモン王の知恵:「2つの花籠」から得た御啓示

    ソロモン王の時代に人気のあった話があります。それは、こんな話です。ある日、ソロモン王は近隣の王国の使節から珍しい花が入った2つの花籠を受け取りました。これらの2つの籠の中の花は、その葉っぱも花びらも極めてよく似ていました。使節はソロモン王に「陛下、これら2つの籠の内、1つは本物の花で、他方は造花です…

    なぜわたしはいつも主に祈りますが、主の返事を得られませんか。

    信仰ステーションの兄弟姉妹の皆さんへ: こんにちは。わたしはこの頃、家で常にささいなことでわけもなく怒り、しかも夫、子供の欠点が多いのだと思っています。すると、わたしは主に祈って、主にわたしの心を落ち着かせ、夫と子供の悪い癖を変えてくださるように求めます。しかしなぜわたしが主の返事を得られなかった…

    英語の賛美歌「甘美なる愛の歌」日本語字幕

    英語の賛美歌「甘美なる愛の歌」日本語字幕 Ⅰ 私の心の奥深くあなたの愛が宿っている あなたと親しくなることは、蜜のように甘い 心を尽くしてあなたに仕え@あなたの御心に沿って働くことは 私の心をさらに良くした あなたの言葉は私の心を導き 私はあなたの愛の足跡を辿る 私はあなたの御心に従って行動して …

    聖書のことばー「違った福音」をどう理解すべきか

    聖書にはこう記されています。「あなたがたがこんなにも早く、あなたがたをキリストの恵みの内へお招きになったかたから離れて、違った福音に落ちていくことが、わたしには不思議でならない。それは福音というべきものではなく、ただ、ある種の人々があなたがたをかき乱し、キリストの福音を曲げようとしているだけのことで…

    一生懸命働くことは神の御心に従っているということなのか

    寄稿家:チェンヤン 春雨の降り続く日、ヂャオ・シュンは飛行機で中国からアメリカへと出発しました。飛行機はニューヨークの空港に着陸しました。ヂャオ・シュンが荷物を持って空港のターミナルを出ようとしていた時、後ろから聞き覚えのある声が聞こえました。 「あれ、ヂャオ・シュン兄弟じゃないですか?」スーツ姿…

    神はアブラハムにイサクを捧げるように命じた

    アブラハムに息子が与えられ、神がアブラハムに与えた言葉は成就した。これはここで神の計画が停止したという意味ではない。むしろ神の壮大な人間の経営(救いの)計画はこの時点で始まったばかりであり、アブラハムが息子を授かった祝福は神の全経営計画からするとまだ序章といったところである。アブラハムがイサクを捧げ…

    教会の人間関係-4つの原則を把握すれば他人との付き合いが楽になる

    寄稿家:ワン・ヂィハン 多くの人にとって、他人の相手をすることは極めて大きな問題です。私たちは実生活において多くの人々に遭遇します。波長の合う人がいれば、合わない人もいます。私たちはクリスチャンとして、周りの人々をどう扱うべきでしょう?主の御心に従うには、主のどのような要件を実践するべきなのでしょう…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?