放蕩息子のたとえ話ー聖書物語

    2017.07.29 +122

    あるお金持ちのお父さんが年をとり、二人の息子にお金を分ける事にしました。前から無駄使いが酷かった弟は、お父さんの注意にも聞かずにお金をもらい、すぐに家を出て商売することに決めました。間もない間にお金はなくなりました。お金を借りることもできず、困っていた弟は、我慢の限界になっていて、家に戻って謝る事を決心しました。ずっと心配していたお父さんは喜んで息子を迎えてくれました。

    主イエスは言われた。「そのように、これらの小さな者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父の御心ではない。」(マタイによる福音書/ 18章 14節)

    主イエスはまさにこのお父さんのように、私たちが改心して再び戻って来ることを心から待ち望んでおられます。私たちはまだ常に罪を犯していますが、でも真心を持って悔い改めれば、主は喜んで迎えてくださるでしょう!

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?