寓意短編映画「一足の靴が引き起こした思考」

    2019.10.21 +49

    この短編映画は、一人のただ20歳のエジプト若い監督が制作し、エジプトルクソール映画賞を受賞しました。ただ4分間の映画は得ることと施すことに関する物語を述べられ、多くの観客の心を感動させました。

    この短編映画は二人の子供と一足の革靴の物語を述べています。汽車の駅にある貧しい子供の入っている靴はぼろぼろで、彼が汽車に乗っている裕福な子供は新しくきれいな革靴を入っているのを見た時、彼の羨ましい眼差しはなかなか革靴から離せません。裕福な子供もこの新しい革靴を大切にしていて、ほこりが付かないようにずっと靴を拭いています。しかし、汽車に乗るとき、思わぬことが起こり、人だかりが押し合って、裕福な子供の一つの靴はホームに落ちてしまい、汽車は間もなく出発し、裕福な子供は自分の靴を拾うことができません。貧しい子供は前に進み出てその夢にまで願う新しい革靴を拾って、心には数秒間あがき、貧しい子供は汽車を追って靴を裕福な子供に返そうと決意しました。裸足の子供はどうしても走っている汽車を追いつけなく、最後に力を絞って、革靴を汽車に投げようとしましたが、結局失敗して、貧しい子供は口惜しくその場で止まりました。汽車に手を伸ばして待ち焦がれている裕福な子供は少し落ち込んでいたが、貧しい子供の誠意を見て、自分のも一つの革靴をホームに投げて、この方法で自分のお気に入りの革靴を貧しい子供に送りました。貧しい子供は驚き喜んで革靴を拾って、好きで片時も手放さなく、最後に二人は互いに微笑みで手を振って別れました。映画は私たちに美しい結末を残しました。

    この映画を見終わって、私は思わず種々の感慨がこもごも至り、二人の子供の善良と誠実は私を深く感動させました。その短い数分間の中に、二人の子供は相手を満足させるため、自分のお気に入りのものを放棄し、このような決定は私たちに対してもかなり難しいです。二人の子供はその新しい革靴が大好きであることを見抜けるが、得ることと施すことの選択に直面する時、二人は行動で彼たちが運命に対する態度は、自分のものではないので、返します。私のものですが、保管できないので、手放すであることを示しています。

    これによって私はヨブの物語を思い出し、家庭が裕福で、子女に囲まれていたヨブはサタンの誘惑のゆえに、すべてを失い、体も傷つけ、妻も友たちも彼を冷やかし、嘲笑いました。しかし、ヨブは自分の持っているすべてはみな神様が与えてくださり、現在神様が取り返すのは当たり前なので、一人の被造物として少しも恨み言を言わないべきだと堅く信じています。「そして言った、『わたしは裸で母の胎を出た。また裸でかしこに帰ろう。主が与え、主が取られたのだ。主のみ名はほむべきかな』。」(ヨブ記1:21)この言葉は、神様のために強く確固たる証しを立てました。ヨブはこの事に対して出した結論は、彼の神様に対する畏敬と信頼によってです。これらの苦難に臨んでも神様の名を褒め称え、神様の支配を受け入れて服従し、最終に彼は完全の自由な人になり、憂いも心配も一切なくて神様の光の中に生き、神様に祝福されました。

    ヨブの経験は私たちにとって大きな啓発があります。実際上、私たちは今享受しているすべての物質的な富と家庭はみな神様が与えてくださいました。しかし、多くの時に私たちはこれらは私たちが苦労して働いて得たものだと思っていて、そのため、私たちが欲しいものを努力して獲得し、すでに得たものに対しても力を尽くして守ります。そのため、私たちは映画の中の二人の子供のように選択に直面する時に、私たちもよくもつれて、損得ばかりを気にかけます。私たちはヨブのように試練に直面する時、いったいどのようにしてヨブを見習って証しを立てることができるでしょうか。神様は言われました。「ヨブは、自分の所有物は全て神から与えられており、自分の労働から生まれたものではないと深く理解していた。故に神からの祝福を資本とするものとは考えず、自分の生きるべき道からどんなことがあっても離れない様、その原則に全力で留まったのである。ヨブは神に与えられた祝福を大切にし、感謝した。だがその祝福に心を奪われることはなく、更に祝福を求めることもしなかった。それがヨブの財産に対する彼の姿勢である。ヨブは祝福を得るために何かをするということもなく、また、神からの祝福が欠けるとか失うということを心配したり悩んだりすることもなかった。神から祝福を受けることで荒っぽくなったり、有頂天になることもなく、繰り返し享受する祝福に神の道を無視するようになったり、神の恵みを忘れたりすることもなかった。」「ヨブが経験した事柄によらず、ヨブの人生における取り組みと目標は幸福であり、苦痛ではなかった。ヨブが幸福であったのには、創造主がヨブに与えた祝福や賞讃のみならず、より重要な理由があった。それは、ヨブの取り組みと人生の目標、神を畏れ、悪を避けることで得た、創造主による統治に関する漸進的な認識と真の理解、そして更には、創造主による統治対象として、ヨブが人生において個人的に体験した創造主の奇跡の業、そして人間と神の共存、面識、相互理解に関する、暖かく忘れがたい経験と記憶、創造主の旨を知ることに起因する慰めと幸福、神の偉大さ、驚異、愛すべき存在、忠義を理解した後に生まれる敬意である。」

    神様の言葉から私は一つの幸福への道筋を見ました。神様の指揮と采配に従い、心で神様の奇しき業を体得し、私たちの心の中には本当の慰めと楽しさを得られ、ヨブのように一生自由で解放されて生活しています。得ることと失うこと、実は幸福と災いが重要ではなく、重要なのはすべてのことの背後にある神様の意図を体得し、神様からのすべてを受け入れ、私たちは人生ではもはやもつれに満ちることではなく、とても意義があると発見することができます。

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?