メニュー

聖書の言葉-また祈る時には、偽善者たちのようにするな・マタイによる福音書 6:5

聖書の言葉

また祈る時には、偽善者たちのようにするな。彼らは人に見せようとして、会堂や大通りのつじに立って祈ることを好む。よく言っておくが、彼らはその報いを受けてしまっている。

この聖句では、神は私たちに人間の前で行動せず、神の前で行動するよう求めています。何かをするときに大小に関わらず、人が高く見えるかどうか気にせず、ただ神の心を満たしているかどうかに気にかけることを望んでいます。これは私に偽善者であるパリサイ人を思い付かせます、彼らは人の前で見せかけ祈りをし、非常に敬虔なふりをしていますが、ひそかにやもめたちの家を食い倒し、預言者を殺した。彼らは故意に会堂やまたは十字路でお祈りし、断食の時に故意に心配そうな顔を持ちます。衣服のサソリに聖句を書き、施しをするときに故意に人々に見せさせます。彼らのこれらのやり方はすべて自分自身を確立し、人々を崇拝させようとする為であり、神を満足させ、神に服従する為ではありません、このような行為は神によって賞賛されず、さらに神に非難されるのです。したがって、私たちは目を覚まさなければなりません、神と向き合い、神の心にかなうことをするべきです。

聖書の言葉,祈る,偽善者,マタイによる福音書

通読おすすめ:

祈りの方法 – 四つの要素を把握したら、あなたはどのように祈るべきか分かった

真に祈るのとはどういう意味か

コメントを残す