神は万物間の相互関係の釣り合いを取り、人間に安定した生存環境を与える

    ……次に、もうひとつの側面、すなわち、神が万物を支配する、ある方法について話をする。その方法とは、神が万物を造った後に、万物の相互関係の釣り合いを取った方法である。これもまたかなり大きな事項である。万物の相互関係の釣り合いを取ることは、人間が行うことの出来ることであろうか。人間のみでは不可能である。人間はその調和を乱すことしか出来ない。人間は

    神が様々な人種の間に境界を定めたことである

    ……しかし、神がこのように範囲や境界を定めたのは何故だろうか。このことはあらゆる人間にとって極めて重要である。神はあらゆる生き物に対して範囲を定め、様々な種類の人間それぞれに対して、生存する方法を定めた。また神は、地上の人間を様々な種類や人種に分類し、それぞれの範囲を定めた。この事項が、本日次に話す事項である。 4番目の事項は、神が様々な人種の

    境界は、人間の様々な生活様式に基づいて発展した

    神は万物を造り、その全てについて境界を定め、その中であらゆる生き物を育んだ。万物があらゆる種類の生き物を育んでいたが、それと同時に、神は人間のために様々な生存手段を用意したので、人間の生存手段は1つだけでは無いことがわかる。また人間の生存環境も、1種類だけでは無い。神が人間のために様々な食料や水源を用意したことは既述したが、これは、人間の肉にあ

    神は、様々な鳥、獣、魚、昆虫、植物の境界も定めた

    ……こうした神が定めた境界のため、様々な地形により様々な生存環境があり、そうした生存環境は様々な鳥や獣にとって好都合であり、鳥や獣に生存空間を与える。このようにして、様々な生き物の生存環境の境界が発展した。次に話をするのは、このことである。 次に、鳥や獣、昆虫が棲息する環境は、どのようなものであろうか。神は、様々な地理的環境を定めたほか、様

    物語:大いなる山、小川、強風、そして巨大な波

    曲がりくねった小川があり、その小川は大きな山の麓へと流れ込んでいた。この山は小川の流れを遮っていたので、小川は「私を通してください。私の進む道にあなたが立って先へ進むことが出来ません。」と、か弱い小声で山に頼んだ。すると、山は「どこへ行くのか」と尋ねた。小川は「自分の故郷を探しています」と答えた。山は「分かった。私を超えて流れてゆくがいい。」

    物語:種、土、木、日光、鳴き鳥、そして人間

    一粒の種が、土に落ちた。大雨が降った後、種は柔らかい芽を出し、根はゆっくりと種の下にある土の中に入っていった。やがて、激しい雨風に負けず、変わる季節の中で、月の満ち欠けとともに、その芽は伸びていった。夏には、芽が激しい暑さに耐えられるように土が水を与えた。その芽は、土のおかげで暑さを感じなかったので、夏の暑さの中で生き延びた。冬になると、土は

    神が人類のために造った基本的な生活環境-気流

    5番目の物事は何であろうか。5番目の物事は、各人に深く関係している物事であり、それ無しでは、この物質世界で人体が生きて行けない物事でもある。それは気流である。「気流」とは、おそらくあらゆる者が理解する言葉であろう。気流とは何であろうか。あなたがた自身の言葉で説明して欲しい。(気流は空気の流れである。)そのようにも説明できるであろう。空気の流れを「

    神が人類のために造った基本的な生活環境-音

    3番目の物事は、音である。音もまた、人間の通常の生活環境に備わっていることが必要とされるものである。音は、神が万物を造った時に出現した。その時、神は音を極めて周到に造った。それは、神にとって、そして人間の生存にとっても、極めて重要なものである。神が音の問題を周到に扱わなかったとしたら、人間の生存に対する大きな障壁となっていたことであろう。そう

    神が人類のために造った基本的な生活環境-気温

    2番目の物事は、気温である。気温が何かは誰でも知っている。気温は、人間の生存に適した環境に備わっていることが必要とされるものである。摂氏40度を超える場合など気温が高すぎる場合、人間の生活は極めて過酷なものとなる。そうした気温は、極めて体力を消耗させるものではなかろうか。摂氏零下40度を超える場合など気温が低すぎる場合はどうであろうか。それもまた人

    神が人類のために造った基本的な生活環境-空気

    まず、神は人間が呼吸できるように、空気を造った。この「空気」は、人間が日常生活において常に接している空気ではないのか。この空気は、就寝中も含めて、常時人間が依存している物ではないだろうか。神が造った空気は、人間にとって計り知れないほど重要なものである。空気は人間が呼吸するとき毎回必要不可欠であり、命そのものに不可欠な物である。感じることの

    神が人類のために造った基本的な生活環境-光

    4番目の物事は、人間の目に関する事柄、すなわち光である。光は極めて重要である。あなたがたが眩しい光を見た時、そしてその光がある程度の光度に達した場合、あなたがたは盲目になる。つまるところ、人間の目は、肉の目である。肉にある目は損傷に耐えられない。太陽の光を敢えて直視する者が居るだろうか。(居ない。) 直視してみたことのある者は居るだろうか。試しに

    人間生存のために神が作った最も基本的条件から、神が人類に与えるものが分かります

    人間の生存のためのこれら五つの基本的条件を神が取り扱った方法から、神が人類に与えるものが分かりますか。(はい。)つまり、神は人間生存のための最も基本的条件を作ったのです。同時に、神はこれらを管理し、制御し、人間が存在するようになって数千年を経た今も、依然として継続的に人間の生活環境を変化させ、人類にとって最善かつ最適な生活環境を与え、人間の生

    神は人間のために用意した様々な植物性の食料

    ここまでは、全体的な環境、すなわち神が世界を創造した後に人間のために用意した、人間の生存に必要とされる条件について話をした。5つの物事について話をしたが、この5つの物事が、全体的な環境である。次に話す内容は、肉にある人間全員の生活と密接に関連する事柄である。それは、肉にある人間の生活に一層よく当てはまり、則した必要条件である。それは、食料であ

    神が人類のために備えられた肉類、水源、薬草

    穀物や果物、野菜、様々なナッツ類などは、すべて植物性の食料である。それらは植物性の食料であるものの、人体の必要性を十分に満たすだけの栄養素が含まれている。しかし、神は「これだけ人間に与えれば十分であろう。人間はこれだけ食べていればよい。」などとは言われなかった。神はそうした食料に留まらず、人間にとって一層美味しい食料を用意した。その食料とは何

    神は様々な地理環境の境界を定めました

    本日は、こうした神が人間と万物に与えた律法により、どのようにして人類が育まれているかについて話をする。それでは、この主題はどのようなものであろうか。この主題は、こうした神が万物に対して与えた律法が、どのようにして人間を育んでいるか、ということである。これは極めて大きな主題なので、いくつかの部分に分け、それらの各部分をあなたがたに分かりやすく説

    霊的世界とは何であろうか

    それでは、霊的世界について話をしよう。霊的世界とは何であろうか。わたしが簡潔に説明する。霊的世界とは、物質世界とは異なる重要な場所である。それでは、わたしがそれを重要であると言う理由は何であろうか。これについて詳細に話をする。霊的世界の存在は、人間の物質世界と不可分の関連性がある。霊的世界は、神による万物の統治のうち人間の生死の周期において重

    信仰の無い人々の生死の周期

    それでは、まず信仰の無い人々の生死の周期の話をする。ある者が死ぬと、その者は霊界の執行官により取り去られる。それでは、その者の何が取り去られるか、というと、それはその者の肉体ではなく、魂である。その者の魂が取り去られると、死んだばかりの者の魂を受け付けることを専門とする霊界の部局に辿り着く。(注:死者が死後最初に行く場所は、死者の魂にとって未

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?