人間の人生における6つの節目-結婚:第4の節目

    ある者が成長して成熟すると、自分の両親や自分が生まれ育った環境から離れて行き、自分の両親とは異なる、自分の人生の方向性と人生の目標を追究するようになる。この時、その者は両親を必要としないが、一緒に生活出来る者、すなわちその者の運命が密接な関連性を持つ、配偶者を必要とする。このように、その者が独立してから最初に遭遇する主要な出来事は結婚であり、

    人間の人生における6つの節目-子孫:第5の節目

    結婚後、人間は次の世代の養育を開始する。どのような子どもが何人生まれるかについて、人間は干渉する余地が無く、それもまた、創造主が予め定めた、その者の運命により決定される。これが、人間が経験しなければならない第5の節目である。 一人の人間が子の役割を果たすために生まれた場合、その者は、別の子の親としての役割を果たすため、次の世代を養育する。こう

    土を振り落としてその上に立つ(オーディオブック)

    ある農夫がラバを飼っていました。そのラバが、ある日涸れ井戸に落ちてしまいました。井戸は余りに深く、ラバを助ける方法はないと考えた農夫は、諦めるしかありませんでした。けれども井戸の中でラバが苦しみ続けるのも可哀想だと思った農夫は、井戸の中に土を入れて、ラバを埋めてしまう方が良いと考えました。農夫は土を投げ込み続けましたが、ラバは背中に落ちてくる

    幸せを得る秘訣(オーディオブック)

    彼は結婚したばかりの出稼ぎの若い男性です。妻とは仲がよく、子供も利口です。しかし一家を養うためには、毎日せわしなく立ち働かなければなりません。 彼は中年になったホワイトカラーで、衣食に困らない生活をしています。だが、昇進し、給料を増やすためには、懸命に残業しなければなりません。彼はいろいろと付き合いがあり、仕事が終わってもすぐには家に帰られ

    神の救い-健康のために、しっかりと体を休めてください(オーディオブック)

    寄稿家:ヂャオ・レイ(フランス) 私が学生だった頃、村の人々の多くはアパートに引っ越し、車を所有していましたが、私の家族は未だに瓦ぶきの家で暮らしていました。従って、私は大きくなったら裕福になろうと一生懸命に働く決心をしました。その数年後、私は荷物をまとめ、新しい場所を目指して電車に乗り、明るい将来に向かって奮闘し始めました。 「急げ!急げ!

    ペテロはどのようにイエスを知るようになったか(オーディオブック)

    ペテロがイエスと共に過ごした期間、彼はイエスの中に多くの愛すべき性質、模倣する価値のある多くの局面、そして彼に与えてくれた多くのものを見た。ペテロは多くの方法でイエスの中に神の存在を見、多くの愛すべき品格を見たけれど、最初はイエスを知らなかった。ペテロは20歳でイエスについて行き、6年間従い続けた。その間、ペテロは決してイエスを知ることがなかっ

    祈りの実践について(オーディオブック)

    あなたがたは日常生活において祈りに心を留めることが全くない。人々はいつも祈りを見過ごしてきた。従来彼らが祈る時は、いい加減にひととおりの身振りをするだけで、誰ひとり自分の心を完全に神の前に捧げて真の祈りをする者はなかった。人々が神に祈るのは、自分に何かあった時だけである。あなたは、今までに本当の意味で神に祈ったことがあるだろうか。神の前で痛恨

    救い主はすでに「白い雲」に乗って戻って来た(オーディオブック)

    数千年もの間、人は救い主の到来に立ち会えることを熱望してきた。何千年もイエスを切望し、渇望してきた人々のもとにイエスが白い雲に乗って直接降りてくるのを見ることを望んできた。救い主が戻って来て人々と再会すること、すなわち、救い主イエスが何千年もの間離れていた人々のもとに戻ってくることを望んできた。そしてイエスがユダヤ人の間で行った贖罪の働きをも

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?