2019年キリスト教徒映画「天国の民」どんな人だけが天国に入ることができるか

    キリスト教徒映画「天国の民」どんな人だけが天国に入ることができるか 主イエスはこうおっしゃいました。「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようにならなければ、天国にはいることはできないであろう」(マタイによる福音書18:3)。主イエスは私たちに、正直な人だけが天国に入れる、正直な人だけが天国の民になれるとおっしゃいました。このムービーは程

    キリスト教徒映画「いつも誠実な心を」クリスチャンは職場で神様に栄光をもたらす

    王欣宇と彼女の夫は衣料品店を経営し、最初は誠実で良心的に店を切り盛りしようとしていますが、あまり儲からず、生活が大変苦しくなります。一方、同輩たちは嘘や詐欺で商売を成り立たせており、夫妻は彼らがそうして車や家を買って贅沢な生活を送っているのを見ると、「取り残されるものか」と決心します。同輩たちに唆されて社会の風潮に従い、嘘とぺてんによる商

    職場話題・仕事を維持する良い方法

    メアリー(米国) 私は最初アメリカに来た時、言葉の壁が原因で、レストランのキッチンスタッフの仕事を見つけるのにかなりの時間がかかりました。しかし、ボスはとても気性が荒い人でした。彼は新規スタッフおよび前からいるスタッフに対しても、誰かのミスを見つけた場合、またはスタッフが彼の気に入らないことをした場合には怒鳴りつけたり、その場でそのスタッフを

    聖書の言葉-異邦人の中でりっぱにふるまう・ペテロの第一の手紙 2:12

    聖書の言葉 異邦人の中にあって、りっぱな行いをしなさい。そうすれば、彼らは、あなたがたを悪人呼ばわりしていても、あなたがたのりっぱなわざを見て、かえって、おとずれの日に神をあがめるようになろう。 ペテロの第一の手紙 2:12 この聖句では、私たちが日常生活の中で異邦人と付き合いするときに、私たちの行動に関心を持つように教えられています。品行が正し

    神様を崇拝することと偶像を崇拝することの違い

    インターネット上に主イエス様のイラストを掲載したり、これを兄弟姉妹と共有したりすることは偶像崇拝に当たり、神様を崇拝することにならないという旨のステートメントがオンライン上で出回っています。それは本当でしょうか?神様を崇拝することと偶像を崇拝することを私達はどのように区別することができるでしょうか? 主イエス様は次のように仰っています。「し

    クリスチャンの体験談|正直な人になることは喜びに溢れたことです

    私達は日常生活の中でこれらのことに常にイライラさせられます。たとえば、あなたがいくつかの何気ない言葉を誰かに言い、その人が予想に反して、冷たい返事をしてきます。その人はあなたの言葉を誤解したようです。そこで、あなたが急いであれこれ説明しますが、全く役に立ちません。別の例では、ある友人が突然あなたに素気ない態度を取るようになりました。何が起きた

    4つの原則を把握したら、あなたは誠実な人になれる

    午後の日光が窓を通して斜めに差しこんでいます。わたしは机の前に座り、暖かい日光を浴びていて、とても気持ちがよいです。今、わたしは心ゆくまでブログを書いて、皆さんとわたしのこの間の豊かな収穫を分かち合いたいです。 主を信じたばかりの時、わたしは「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」(マタ1

    誠実な人になることを熱望するあなたへの贈り物――四つの実行のしかた

    今、兄弟姉妹たちはどうすれば誠実な人になれるかという問題に最も関心を持っています。わたしたちが知っているように、主イエスは「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」(マタ18:3)と言われました。神の言葉はわたしたちに次のことをはっきりと教えています。誠実な人こそが神の心にかなう人です。わたし

    だれがわたしの仕事に対する態度を変えるのに決定的な役割を果たしたのか

    おととい、わたしは一篇の文章を読みました。その文章の小見出しの一つは「わたしのボスは神である」です。この言葉は深くわたしの心を打ちました。その文章の中の主人公は記者です。主を信じる前に、彼の仕事に対する態度はよくなかったのです。出勤簿には、彼が取材に行ったと書いてありますが、実際には彼は自分の副業を行ったり、或いは家に帰って寝たりしました。主

    クリスチャンが神を信じる上での四つの実行は、あなたが持っているのか

    わたしたちすべてのクリスチャンは神に良しとされ、祝福されようとします。では、わたしたちがどうすれば、神に良しとされることができますか。実は、これは少しも難しくありません。わたしたちが神を信じる上での四つの実行を持ちさえすれば、神に祝福され、良しとされることができます。 第一に、神を信じるのに、神の言葉を経験しなければなりません。 では、神の

    聖書を読む4つの原則は、あなたが把握しているのか

    聖書を読むことは、クリスチャンが毎日霊的生活を送るのにしなければならないことです。では、どのように聖書を読めば、よい効果を収めることができますか。あなたが四つの原則を把握したら、予想外の収穫を得られます。 第一に、神の即時的な言葉を読む 神の即時的の言葉は神の最も新しい働きを代表します。それは神がわたしたちの当面の必要に応じてわたしたちに供

    誠実な人になってこそ、天の国に入ることができる

    聖書の中で、主イエスはこう言われました。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」(マタ18:3)。わたしは主イエスのこの言葉を読むことによって、次のことが分かりました。神は誠実な人が好きです。彼はわたしたちが神の前で偽りを言わず、己を偽らず、子供のように無邪気で単純であって、誠実な人になれる

    誠実な人こそが心から神を愛することができる

    主イエスはわたしたちにこう教えられました。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」(マタ18:3)。主はわたしたちが子供のようになることを要求されますが、では主が言うような子供はどんなふうな人ですか。単純で誠実で、神をひたむきに愛していて、神を満足させるためだけに生きている人です。このような

    誠実な人になるための三つの実行の原則

    主イエスはこう言われました。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」(マタ18:3)。神は信実です。だから、彼は誠実な人が好きです。わたしたちが天の国に入りたいなら、まず誠実な人にならなければなりません。では、子供のように見える誠実な人になるにはどうすればいいですか。次に誠実な人になるための

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?