メニュー

受肉したキリスト

受肉した神の働きを経験しそれに従うことによってのみ神を知り得るのはなぜか

「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた。」(ヨハネによる福音書1:14) 「わたしは道であ...

神は終わりの日に裁きの働きをするためになぜ人を使わないのか。なぜ神自らが受肉し裁きの働きを行わなければならないのか

参考聖書箇所 「父はだれをもさばかない。さばきのことはすべて、子にゆだねられたからである。…」(ヨハネによる福音書 5:22) 「そして子は人の子であるから、子にさばきを行う権威をお与えになった。...

神の二度の受肉が受肉の意義を完全にすると言われるのはなぜか

参考聖書箇所 「キリストもまた、多くの人の罪を負うために、一度だけご自身をささげられた後、彼を待ち望んでいる人々に、罪を負うためではなしに二度目に現れて、救を与えられるのである。」(ヘブル人への手紙...

映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(1)人の子の到来の奥義

人の子の到来の奥義|映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(1) 主の再臨について、主イエスはこう仰せられた、「あなたがたも用意していなさい。思いがけない時に人の子が来るからである。」(ルカによる福音書1...

キリストが真理、道、そしていのちであることをどのように理解するべきか

参考聖書箇所 「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。」(ヨハネによる福音書 1:1-2) 「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。...

受肉した神の働きと霊の働きの違いは何か

参考聖書箇所 「モーセは言った、『どうぞ、あなたの栄光をわたしにお示しください』。ヤーウェは言われた、『…しかし、あなたはわたしの顔を見ることはできない。わたしを見て、なお生きている人はないからであ...

主イエス自らが神が働きを行なうために終わりの日に受肉し、人の子として現れると預言した

参考聖書箇所 「あなたがたも用意していなさい。思いがけない時に人の子が来るからである。」(ルカによる福音書 12:40) 「人の子の現れるのも、ちょうどノアの時のようであろう。」(マタイによる福音...

受肉した神と神に使われる人々との本質的な違い

参考聖書箇所 「わたしは悔改めのために、水でおまえたちにバプテスマを授けている。しかし、わたしのあとから来る人はわたしよりも力のあるかたで、わたしはそのくつをぬがせてあげる値うちもない。このかたは、...

キリストと融和する道を探せ

わたしは人々の間で多くの働きをしてきた。わたしがその間に発した言葉は数多くある。これらの言葉は人間の救済のためで、人間がわたしと融和するようにと発したものである。しかし、わたしと融和する者は、地上では...

「敬虔の奥義」NO.5 キリストが真理、道、いのちであることを知る方法

神の二度の受肉はいずれも、「キリストが真理、道、いのちである」と証している。なぜキリストが真理、道、いのちである言われるのか?主イエスについて行った使徒たちや偉大な霊的な人々も多くの事柄を語ったし...

キリスト教映画「天国への危険な道」NO.3 受肉の奥義を明らかにする

主を信じる人々は皆、主イエスが神の受肉された姿であることを知っていますが、受肉の真理を本当に理解できている人はひとりもいません。聖書の預言では、主は再び肉体の姿となり、終わりの日に御言葉を表し、働...

神様が二度受肉された意味は何か

参考聖書箇所 「キリストもまた、多くの人の罪を負うために、一度だけご自身をささげられた後、彼を待ち望んでいる人々に、罪を負うためではなしに二度目に現れて、救を与えられるのである。」(ヘブル人への...

「敬虔の奥義:続編」NO.6 主イエスは神の子であるか、それとも神自身か

「敬虔の奥義:続編」NO.6 主イエスは神の子であるか、それとも神自身か もっと見る: 「キリスト」が何を意味するかご存知ですか ...

堕落した人類は受肉した神による救いをさらに必要としている

神が受肉したのは、その働きの対象がサタンの霊や肉体を持たない何かではなく、人間、つまり肉体をもち、サタンに堕落させられた存在だからである。人間の肉体が堕落しているからこそ、神は肉体をもつ人間を働きの対...

キリスト教賛美歌「受肉の神は最も愛すべき方」歌詞付き

受肉の神は最も愛すべき方 Ⅰ 神は肉体となった後 人の中で生活をして 人の堕落しきった様子と生活の実情を見た 肉体となった神は 人の無力さ惨めさを深く感じていた そして彼らの悲しみも同じように深...

イエスキリストが受肉して再臨する意味は何か

他国でアルバイトをするとき、彼女は数年ぶりの同郷に出会って、そして主が再来されたお知らせを知りました。主がすでに受肉して戻られたと聞いたとき、彼女の観念に衝撃を与えました。尋ね求めて考察した後、彼女は...

キリスト教讃美歌「最も人を愛するのは神だけである」神様の愛はとても真実である

最も人を愛するのは神だけである Ⅰ 終わりの日に神は肉となる 愛する人を救うため 愛に駆られ 愛を基礎として 神は今日の業を行う 神は肉となり、恥辱を受け 汚れ傷ついた者達を救う ...

私は神様の性別に対して、新たな認識がありました

編集者注: 神は男性か、女性か。神には固定された性別があるのでしょうか。これは多くのキリスト教徒を混乱させる問題ですが、誰もそれをはっきり説明できません。本稿は神の性別の奥義を明らかにします。 ...