人を識別するとは何か、人を裁くとは何か

    信仰ステーションの兄弟姉妹の皆さんへ: 私は昨日、教会の仲間に偶然会いました。彼女は私が知らなかった聖書の奥義をたくさん語ってくれたので、私は彼女の話しから多くを学びました。しかし、彼女が牧師と長老たちの行動と行為を暴露して、彼らが現代のパリサイ人だと言った時、私はそれに賛成できませんでした。私は彼女が牧師と長老たちを裁いていると思いました。

    人生の名言|信仰によって

    私たちの人生は信仰によって変わる 私たちの生活は信仰によって素晴らしくなる 私たちの結婚は信仰によって堅固である 私たちの家庭は信仰によって円満になる 私たちの仕事は信仰によって成就される 私たちの魂は信仰によって救われる 私たちの命は信仰によって永久に存在する もっと見る:聖書の名言 「信仰心」について

    人生の名言|主がいるからこそ

    主がいるからこそ 苦しみの中に喜びがある 主がいるからこそ 弱い時に確信がある 主がいるからこそ 絶望の時に希望がある 主がいるからこそ 孤独な時に共にいてくださる 主がいるからこそ 失敗しても得るところがある 主がいるからこそ 逆境の中に光がある 主がいるからこそ 神様の御言葉の中に永遠のいのちがある もっと見る:神は愛である

    御恵みの証言-主は生死の瀬戸際で私を御救いくださりました

    2005年2月、主の御恵みのおかげで、私は主の福音を受け入れました。牧師は、主はこの世界を愛しておられ、私たちを罪から贖うために、主は自らが十字架に釘付けにされて私たちの罪を背負われ、私たちを御救いくださり、私たちが主を私たちの救世主として受け入れ、主の前で悔い改めて罪の告白をしてさえいれば、主は私たちの罪すべてを御許しくださり、私たちは主の多大な

    戦争に至ろうとしている朝鮮半島危機からは、わたしたちはどんな認識を得たのか

    今年、朝鮮半島の核危機に全世界はかつてない大きな関心を寄せている。朝鮮半島はすべてのマスコミの注目を集めている。ここで起こる一つ一つのことは東アジアの、ひいては国際の情勢の動きに影響を及ぼしている。北朝鮮当局は国際社会からの非難を無視し、独断専行して一再ならずミサイルを試射し、しかも核爆弾をアメリカ本土に発射すると息巻いた。そのため、新しいア

    永遠の命に至る道はあなたが見つけたのか

    主を信じる人は誰でも、神だけが永遠のいのちの道を持っていることを知っています。主イエスはこう言われました。「わたしは道であり、真理であり、命である。……」(ヨハ14:6)。ヨハネの黙示録第22章1節から5節にこう記されています。「天使はまた、神と小羊の玉座から流れ出て、水晶のように輝く命の水の川をわたしに見せた。川は、都の大通りの中央を流れ、その両岸には

    用心しろ!霊的に盲目になるな

    主イエスがこう言われました。「わたしがこの世にきたのは、さばくためである。すなわち、見えない人たちが見えるようになり、見える人たちが見えないようになるためである」(ヨハネ9:39)。「もしあなたがたが盲人であったなら、罪はなかったであろう。しかし、今あなたがたが『見える』と言い張るところに、あなたがたの罪がある。」(ヨハネ9:41)。 わたしは聖書のこの二

    誠実な人になるための3つの実行の原則

    主イエスはこう言われました。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」(マタ18:3)。神は信実です。だから、彼は誠実な人が好きです。わたしたちが天の国に入りたいなら、まず誠実な人にならなければなりません。では、子供のように見える誠実な人になるにはどうすればいいですか。次に誠実な人になるための

    ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種に注意すべきだ

    「ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種によく注意しなさい」(マタ16:6) 主イエスはどんな背景の下でこう言われましたか。聖書にこう書かれています。「ファリサイ派とサドカイ派の人々が来て、イエスを試そうとして、天からのしるしを見せてほしいと願った。イエスはお答えになった。『あなたたちは、夕方には「夕焼けだから、晴れだ」と言い、朝には「朝焼けで雲が低

    片意地を捨てて、異なる意見を聞いてみるべきだ

    森の中に、大大という名のフクロウがいます。五羽のかわいい赤ちゃんを産んだ後、大大は赤ちゃんたちが健やかに楽しく育つために、もっと大きな巣を探すことを決めました。そして、森の奥深い所のあの大きな木を選んで、その上に巣を作ることを計画しました だが、よい友達本本は大大にこう勧めました。その木の下に狐さんが住んでいるから、新しい家をそこに建ってはな

    敬虔にヤーウェに仕えるパリサイ人はなぜ、主イエスに逆らったのか

    わたしはキリスト教家庭に生まれ、16歳から主に仕えています。教会の中で、わたしは合唱をリードします。25歳で神学院を卒業した後、神に仕える道を正式に歩みました。わたしは、一生主に仕えることが最も光栄なこと、最も意義のあることだと思い、また、以前神に遣わされた人を羨んでいます。特に「遣わされないで、どうして宣べ伝えることができよう。『よい知らせを伝

    「死亡」の神秘のベールをはがして

    一人ひとりがこの世界に来ました。人が生まれることはなければならないことで、人が死ぬことは避けられないことです。だれ一人人生の最後の関門――死亡を逃れることができません。わたしたちはみな、生死輪廻という命の歩みを知っていますが、でもどんな人であれ、死亡を直視する度胸がなく、しかも極力死亡に関する話題を避けています。その原因は、わたしたちが死亡の

    聖書の名言「洗礼受洗」について

      1.わたしは悔改めのために、水でおまえたちにバプテスマを授けている。しかし、わたしのあとから来る人はわたしよりも力のあるかたで、わたしはそのくつをぬがせてあげる値うちもない。このかたは、聖霊と火とによっておまえたちにバプテスマをお授けになるであろう。(マタイによる福音書 3:11) 2.それゆえに、あなたがたは行って、すべての国民を弟子として、

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?