日曜日に関しては、わたしたちは何問正しく答えられるか

    2017年 09月 25日

    一、一週間には何日ありますか。

    こう聞かれたら、皆さんはきっと口をそろえて、「もちろん七日あります。これはだれも知っていますよ。聞く必要がないのではありませんか」と答えます。

    二、週の初めの日はいつですか

    多くの人は考えもせずに、こう答えるでしょう。「もちろん月曜日です。なぜなら、土曜日、日曜日連続して休んだ後、さまざまな職業の人々は一週間の仕事を始め、月曜日ごとに、学生たちが授業に出始め、労働者たちが出勤し始めます……。これらの事実は、月曜日が週の初めの日だと証明するのではありませんか。月曜日は週の始まりではありませんか」と。

    だが、クリスチャンたちは「以上の答えは正しくありません。週の初めの日は日曜日です」と言います。
    だれが正しいかについては、わたしたちはしばらく結論を下しません。まず次の問題を見ましょう。

    三、カレンダーの中の毎週の初めの日は本当に月曜日ですか。

    ある人たちは自分の見方を堅持し、「月曜日は週の初めの日です。これは間違いのないことです」と思うかもしれません。では、わたしたちはやはり事実によって問題を説明しましょう。

    カレンダーを見る時、多くの人はびっくりして言うでしょう。「なんと、一週間の七日はこのように配列されるのだ。なぜ月曜日を一番目とせず、日曜日を一番目とするのですか。これはどういうことですか。月曜日は週の初めの日ではないのですか」と。

    しかしクリスチャンたちはこう答えます。「カレンダーの配列にはいわれがあります。それは、わたしたちの想像、観念のとおりに配列されるのではなく、主イエスの働きとは関係があります! 聖書にこう書かれています。『さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリアともう一人のマリアが、墓を見に行った』『この方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ』(マタ28:1、6)。これで分かりますが、週の初めの日は主イエスの復活した日であり、カレンダーの中の日曜日でもあります。なぜなら、安息日は現在の土曜日であり、また週の第七日、すなわち最後の日です。こういうわけで、カレンダーの中の日曜日、すなわち週の初めの日は一番目とされました。それで、月曜日は週の第二日となります。その他はこのとおりに類推すればよろしい……」。

    四、なぜ日曜日に全人類がみな休むのですか。

    ある人たちはこう言うでしょう。「日曜日は休日です。わたしたちは何日も連続して仕事をし、非常に忙しいです。だから、日曜日に休み、リッラクスし、或いは私用を片付けるべきです」。

    この問題に関しては、あるクリスチャンたちはこう言います。「わたしたちが知っているように、わたしたち罪人たちを救うためには、主イエスは十字架につけられました。三日後、彼は復活されました。主を信じる人はわたしたちに対する神の救いの恩恵を記念するために、日曜日に主日を守ります。日曜日に休むのは、物見遊山をするためではなく、主を礼拝するためです。実は、日曜日を週の初めの日とするのは、わたしたちが週の初めに神を礼拝するためであり、どんなことをしても心の中で神をあがめ、神に決めさせるためです。そうしてこそ、神の祝福を得られます。例えば、キリスト教を国教とする国々は世界ではかなり強大です。これらの国はさまざまな面で神に祝福されたため、神を礼拝しない国よりさらに多くのものを得ました。そうなるのは、彼らが神をあがめることができるためです。これは、日曜日に全人類がみな休む原因です!」

    コメントを残す

    なぜ主イエスは安息日に働かれたのでしょうか

    ヤーウェ神が人に安息日を守るように要求されました 旧約聖書には、ヤーウェ神が律法と戒めを発布してわたしたち人類に守らせたことが記されています。安息日を守ることは、人の遵守すべきことの一つです。第四の戒めはこう言っています。「安息日を心に留め、これを聖別せよ。六日の間働いて、何であれあなたの仕事をし、…

    主イエス様はどうしてトマスの信仰を称賛されなかったのか?

    聖書にはこう記述されています、「八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の内におり、トマスも一緒にいた。戸はみな閉ざされていたが、イエスがはいってこられ、中に立って『安かれ』と言われた。それからトマスに言われた、『あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさ…

    なぜ主イエスは安息日に弟子たちが麦の穂を摘んで食べることを許されたのか

    「そのころ、ある安息日にイエスは麦畑を通られた。弟子たちは空腹になったので、麦の穂を摘んで食べ始めた」(マタイによる福音書12:1)。以前この節を見た時、なぜ主イエスが安息日に外出なさったか、なぜ彼が麦畑を通られた時、弟子たちに麦の穂を摘んで食べることを許されたか、全然分かりませんでした。律法の規定…

    聖書の名言「人の子」について

    1.イエスはその人に言われた、「きつねには穴があり、空の鳥には巣がある。しかし、人の子にはまくらする所がない」。(マタイによる福音書 8:20) 2.しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と言い、中風の者にむかって、「起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と言わ…

    イースター(復活祭)とは?復活祭の意味は何か

    イースター(復活祭)とは?イースターの本当の意味は何か、あなたは知っていますか?2019年のイースターは4月21日(日)です。多くの人は復活祭がイエスの復活を祝うためのものであると信じています。実際には、そこにこめられているのはもっと深い意味です。イースター(復活祭)とは?イースターの起源イースター…

    聖書の名言-イースター(復活祭)を祝うことについての17節の聖句

    イースター(復活祭)はクリスチャンが主イエスの復活を記念するための重要な日です。復活祭について必ず読むべき聖書の17節の聖句は、主イエスの福音を理解するように導きます。マタイによる福音書16:21この時から、イエス・キリストは、自分が必ずエルサレムに行き、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを…

    主イエスが復活後に人類の前に出現された意義の2つの側面

    聖書にはこう記されています。「こう話していると、イエスが彼らの中にお立ちになった。〔そして「やすかれ」と言われた。〕彼らは恐れ驚いて、霊を見ているのだと思った。そこでイエスが言われた、「なぜおじ惑っているのか。どうして心に疑いを起すのか。わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしなのだ。さわって見なさ…

    イースター(復活祭)の起源と主イエスの復活の意味

    イースターがもうすぐそこまで来ていたのです。聖書にも記録がある通り、イースターは次のように発端しました:イエス・キリストが弟子の1人の裏切りにより裁判所に連れていかれ、世界中の罪を贖うため、金曜日に進んで自らを犠牲にして十字架に釘付けにされました。ユダヤ法によると、土曜日は全ての活動を中止する必要が…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?