あなたは「子供のようになりたい」のか

    2017年 11月 11日

    天の国は神の国、聖なる神の国であり、信者のわたしたちが寝ても覚めてもあこがれている所です。主イエス受肉して天の国の福音をもたらしてから二千年の間、わたしたちすべての信徒は主が再来される時、自分は生きていて、しかも主によって天の国の中に携え上げられると望んでいます。わたしは常にこう考えます。「主が来られる時、わたしは主によって天の国の中に携え上げられる見込みがありますか。天の国に入るための基準は何ですか」。

    ある日、主を信じる上で非常に追求する菅さんはわたしの家を訪問しました。それで、わたしは彼女とこの問題を探究しました。菅さんはほほえみながらこう言いました、「わたしもいつもこの問題を考えます。ある日、マタイによる福音書第18章3節で主イエスがこう言われたのを思い出しました。『はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない』と。明らかに、これは主イエスの要求された、天の国に入る条件です。つまり、彼はわたしたちが子供のようになることを要求されました。では、主イエスが言うような子供はどんなふうな人ですか。誠実な人です。神には真実な本質があり、神は誠実な人が好きで、誠実な人を救われます。だから、誠実な人だけが天の国に入ることができます。なぜなら、誠実な人は言うことにもなすことにもごまかさず、人に対しても神に対してもいんちき、欺きをせず、子供のように単純で無邪気です。アブラハムヨブペテロのことを例にあげましょう。神がどのように働いても、どのように要求し、試しても、彼らは神を疑わず、恨まず、誤解せず、本当に神に従い、神を愛していました。たとえ自分の利益が損なわれたとしても、神を満足しました。このような人は主イエスの言う『子供』のようになり、真の人らしさがあります。彼らは天の国に入ることのできる誠実な人です」。これらの言葉を聞いて、わたしはうなずきました。

    菅さんは続けて言いました。「わたしたちはまた、神に良しとされたアブラハム、ヨブ、ペテロたちがどんなことを達成したかを見てみましょう。ヤーウェ神がアブラハムにイサクをささげさせた時、アブラハムの態度が何でしたか。彼はどんなにつらくても、神を疑わず、神と事の是非を論じず、無条件に神に従い、約束の時間、約束の場所にイサクを神にささげました。神はアブラハムの真心、単純さと従順を見た後、イサクの命を取るどころか、かえってアブラハムを祝福して、彼の子孫を天の星のように、海辺の砂のように増やされました。ヨブは満山の牛や羊、すべての家産と子女たちを失った時、神に対する信仰を失わず、自分に臨むことは神に主宰され、按配されたことだと確信し、『主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ』と言いました。彼は神に対する本当の信仰のゆえに、神に良しとされました。神は倍にして彼を祝福し、彼の寿命を三倍にされました。最後に、彼は長寿を保ち、老いて死にました。ペテロは主イエスにつき従っている間に、主の言葉を聞き、実行することを重んじ、イエスの言葉によって自分に厳しく要求し、命の性情の変化を追い求め、衣食住や乗り物の面で自分の意志に従わず、主イエスの言われた言葉は何でも受け入れ、従い、まじめにかみしめ、実行しました。最終的に、ペテロは従順と主に愛する本当の愛のゆえに、主イエスに良しとよれ、主は天の国の鍵を彼に授けられました。これで分かりますが、神に良しとされたこれらの人の最も大きな特徴は、神から来たすべてに無条件に従うことができ、神の行われたことに対して全然観念を持たないことです。彼らはみな、天の国で神に祝福された人です!

    わたしは二十数年主を信じた自分が主イエスの要求を満たして「子供のように」なったかを反省しました。よく考えてみれば恥ずかしく思います。わたしは伝道する中で実を結ばなかった時、神がわたしを嫌って、わたしを祝福しないだろうと疑いました。わたしが外で費やして兄弟姉妹を支えているが、家族が病気で入院した、という時、わたしは口では何も言わなかったが、主がなぜ家族を顧みず、守らなかったのかと、心の中で不平を言いました。同労者会議で問題を討論する時、わたしの観点が同労者に反対されると、わたしは主がわたしが好きではないと思い、以後自分が道を説くことができなくなるのではないと心配しました。またここ数年来、わたしは祈る時に感動がなく、道を説く時に光がなく、自分の霊が暗いです。そのため、自分が何かの原因で主を怒らせて、主に捨てられただろうと疑いました。後になって、わたしは自分は神を信じているのに、神に対する誤解、憶測、恨みに満ちていると認識しました。そして、『はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない』と言われた主の言葉を噛みしめることによって、自分が主に対する本当の信仰、従順を持たず、もしわたしがこのように、祝福を得ようという意図をもって神を信じるなら、永遠に天の国に入ることができないとはっきり分かりました。この時、神がどんな人を喜び、良しとするか、どんな人が天の国に入ることができるかについては、いくらかの認識を持ちました」。

    菅さんの言葉を聞いた後、わたしは彼女の認識には非常に光があると感じました。それは、わたしが聖書を読む時に得られない認識です。それによって、わたしは自分も子供のようになっていないのを見ました。この時、わたしは非常に急いでいて、菅さんに「わたしたちがどのように追い求めれば、主が来られる時に引き上げられることができるのですか。どうすればアブラハム、ヨブ、ペテロのようになれますか」と聞きました。

    菅さんはこう言いました。「主は、彼が再び来てわたしたちを彼のところに迎えることを約束されました。今、さまざまな兆しは、主の再来に関する預言がすでに実現したことを示しています。ヨハネの黙示録の多くの箇所で『耳ある者は、“霊”が諸教会に告げることを聞くがよい』と述べられています。これは、主が再来される時わたしたちに対して声を発し、言葉を言われることを証明しています。主イエスがこう言われました。『心の貧しい人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである』(マタ5:3)。『心の貧しい人々は、幸いである。その人たちは神を見る』(マタ5:8)。わたしたちは、観念を持たず、憶測せず、神の働きを限定しない、単一の心をもって神に従う人になるべきです。どこかに再来された主の声、言葉を証しする者がいれば、謙虚に探究すべきです。それは、小羊の行くところへは、どこへでも従って行くためです。そうする人こそが子供のようになれ、すなわち誠実な人になれ、しかも小羊の足跡についていくことができ、主によって天の国の中に携え上げられる機会を得られます。逆に、わたしたちの心の中が観念、逆らいに満ちていて、わたしたちの観念、想像によって神の働きを限定するとすれば、わたしたちは主によって天の国の外へ捨てられます」。

    わたしは菅さんがこう言うのを聞いて、気持ちが晴れ晴れしてきました。主の到来を迎えるということで、わたしも単一の心をもって神に従う人、神の心の中の子供になりたいです。愛する兄弟姉妹よ、あなたたちはそうしたいですか。

    コメントを残す

    誠実な人こそが心から神を愛することができる

    主イエスはわたしたちにこう教えられました。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」(マタ18:3)。主はわたしたちが子供のようになることを要求されますが、では主が言うような子供はどんなふうな人ですか。単純で誠実で、神をひたむきに愛していて、神を…

    あなたは機会をとらえたのか

    ある日、わたしはこういう物語を読みました。一人の豪商はポスターを貼って、皆さんにこう教えました。だれでも某日午前9時から12時までに彼の会社に来るなら、彼はその者のために借金を完済すると。しかしその日になったら、町の多くの人はやじ馬見物をするが、誰一人彼の会社に入りませんでした。11時頃になってはじ…

    誠実な人になってこそ、天の国に入ることができる

    聖書の中で、主イエスはこう言われました。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」(マタ18:3)。わたしは主イエスのこの言葉を読むことによって、次のことが分かりました。神は誠実な人が好きです。彼はわたしたちが神の前で偽りを言わず、己を偽らず、子…

    救われる=天の国に入る?

    今日、わたしは道を説く時、大災難がもうすぐ起こると言い、兄弟姉妹たちに積極的に集会に参加し、もっと多く聖書を読み、現実生活の中で主の道を行い、目を覚まして主の到来を待つように要求しました。わたしは一部の兄弟姉妹が依然として力を持たず、自分が天の国の中に携え上げられることができるかどうかを疑うのを見て…

    聖書の名言-「子供」について

    両親の子供に対する最も真実の愛とは、子供を神様の前に連れてきて、神様の心に従って子供に正しい道を歩むことを教えて、神様の祝福を得ることです。以下の児童に関する聖句を読むことを通して、私たちを助けて正しく子供を教育するように。 詩篇127:3-5 見よ、子供たちは神から賜わった嗣業であり、胎の実は…

    神との関係が正常かどうかを判断する三つの基準

    神を信じるすべての人は、自分が神と正常な関係を築いて、神に認められ、神に良しとされることを望んでいます。しかし、人が神を信じると、神に良しとされることができるというのではありません。パリサイ人のことを例にあげましょう。パリサイ人は神を信じながら、神に逆らうようなことをしていました。彼らは神と敵対関係…

    聖書に述べられている「勝利を得る者」とはどういう意味か

    主を信じるすべての人は主の心にかなう人、勝利を得る者になりたく、十四万四千人の勝利を得る男の子の一人になりたいです。勝利を得る者が言及される時、ある兄弟姉妹がこう言うかもしれません。「わたしたちが主の御名を守り、主のために労苦し働き、さまざまな迫害、患難の中で主の証しのために立つことができれば、勝利…

    子供賛美歌「神様が分かるでしょ」

    自然を見るとき私達は感動します。その感動はこの自然を造った神様に向けて賛美をしませんか?心に愛がなく、涙した時、私達は普段「神様なんていない」といいつつ、神様に祈ってはいませんか?素晴らしい日、楽しくてうれしい時、私達は神様に「ありがとう!!」って気持ちになりませんか? そそ、私達は誰から教えられ…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?