なぜ主イエスは安息日に弟子たちが麦の穂を摘んで食べることを許されたのか

    2017年 07月 29日

    「そのころ、ある安息日イエスは麦畑を通られた。弟子たちは空腹になったので、麦の穂を摘んで食べ始めた」(マタイによる福音書12:1)。

    以前この節を見た時、なぜ主イエスが安息日に外出なさったか、なぜ彼が麦畑を通られた時、弟子たちに麦の穂を摘んで食べることを許されたか、全然分かりませんでした。律法の規定によれば、安息日にすべての仕事を止めて神を礼拝すべきであり、勝手に外出したり、勝手に活動したりすることが許されていません。主イエスのこのような行動は、当時のパリサイ人の目には、律法を犯すものでした。では、主イエスはなぜそうなさったのですか。主イエスは一体当時の人に何を教えたかったのですか。

    イエス,安息日,麦の穂

    その後、わたしは主にある兄弟姉妹たちとこの問題について討議しました。主の導きの下で、わたしたちはとうとう問題の真相が分かりました。この真相はこうです。主イエスが受肉して人の子となって働かれる前に、神はずっと聖霊の働きという方式によって人類を導かれていました。腐敗した人類は肉眼凡胎であって、直接ヤーウェ神の啓示を得られるモーセとほかの預言者たち以外にいかなる人も直接神の意志と神の人に対する要求を理解することができません。だから、神が律法を定め、発布することの意義は、当時の人に彼の意志と要求を伝えて、彼らに律法と戒めを守れば神の祝福を得られ、律法と戒めに違反すれば律法によって罪定めされ、神によって呪われることを分からせることです。神は律法と戒めによって、人が地上で合理的な、秩序正しい生活を送るのを導かれました。それは、人が律法と戒めを守ると同時に、神を本当に畏れるためでした。そうなったら、サタンに腐敗させられた人類は罪悪によって食い尽くされることはなくなり、律法の拘束を受けて、正常な人の持つべき生活を送るようになりました。

    神は受肉して人の間に来て働いた後、直接声を発し、言葉を言って人の必要を供給することができ、直接彼の意志と、彼の人に対する要求を言い表すこともできます。例えば、当時主イエスにつき従う弟子たちと民はどんな難題があっても、直接主に求めることができました。主は彼らの実際の必要によってその場ですぐに解答することができ、直接明瞭に実行の道を指し示すこともできました。なぜなら、主イエスのすべての言葉、彼のなさったすべてのこと、彼の出されたすべての要求は神自身から出るものだからです。それは、「わたしは道であり、真理であり、命である。……」(ヨハネによる福音書14:6)と主イエスが言われたとおりです。だから、神自身は人類に現れた後、律法の文字、規定に基づいて働く必要がなく、時間、空間、地理、人の観念、想像によって束縛されることはありません。こういうわけで、主イエスが安息日に外出し、また空腹になった弟子たちに麦の穂を摘んで食べることを許すという行為は、当時の人に彼の到来がすでに律法の時代を終わらせ、贖いの時代の新しい仕事を開いたことを告げていました。

    主イエスの当時の働きは人の観念にかないませんでしたが、真心をもって神を信じ、真理を愛するすべての人、例えば弟子ペテロ、ヨハネなどは観念、想像に縛られたり、束縛されたりせず、主の働きと言葉のゆえに、彼が主だと確信し、しかも動揺せずに主につき従い、主を証ししました。しかし、ユダヤ教の祭司長、律法学者、パリサイ人たちは主の働き、言葉の中から真理を求めないばかりか、かえって律法の文字、規定によって主イエスを、律法と戒めを守らない者と罪定めし、そうすることで神の新しい仕事に逆らいました。パリサイ人は口では神を信じると言っているが、実は自分の観念、想像の中の神、聖書の文字の中に限定されている神を信じていたのです。神はただ律法を発布する神だ、神の働きはただ律法の範囲内にあり、律法を超えたら神の働きではなくなると、彼らは思っていました。彼らは観念が陳腐でかたくなで、本性が傲慢で独りよがりであって、死んでも真理を求めず、真理に頭を下げませんでした。そのため、彼らは人の世に来て人類を贖う主イエスを十字架につけ、許すことのできない大悪を犯しました。主イエスは彼らを彼らの「七重の災い」によって罪定めし、しかも彼らを徹底的に捨て、淘汰されました。これは周知の事実です。以上から分かるように、神の働きは永遠に新しく、決して古くはなく、真理を求め、真理に従う、神の働きについていける人はみな神に救われる人であり、神の働きの歩調についていけず、観念、想像を固守して神を罪定めし、神に逆らう人はみなパリサイ人の子で、必ず神の働きによって明らかにされ、淘汰されます。これは前人が残した歴史の教訓であり、また現代のわたしたちと未来の人が心に銘記すべき戒めです!

    関連閲読:なぜ主イエスは安息日に働かれたのでしょうか

    コメントを残す

    用心しろ!霊的に盲目になるな

    主イエスがこう言われました。「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる」(ヨハ9:39)。「見えなかったのであれば、罪はなかったであろう。しかし、今、『見える』とあなたたちは言っている。だから、あなたたちの罪は残る」(ヨハ9:41…

    片意地を捨てて、異なる意見を聞いてみるべきだ

    森の中に、大大という名のフクロウがいます。五羽のかわいい赤ちゃんを産んだ後、大大は赤ちゃんたちが健やかに楽しく育つために、もっと大きな巣を探すことを決めました。そして、森の奥深い所のあの大きな木を選んで、その上に巣を作ることを計画しましただが、よい友達本本は大大にこう勧めました。その木の下に狐さんが…

    日曜日に関しては、わたしたちは何問正しく答えられるか

    一、一週間には何日ありますか。こう聞かれたら、皆さんはきっと口をそろえて、「もちろん七日あります。これはだれも知っていますよ。聞く必要がないのではありませんか」と答えます。二、週の初めの日はいつですか。多くの人は考えもせずに、こう答えるでしょう。「もちろん月曜日です。なぜなら、土曜日、日曜日連続して…

    聖書の名言「人の子」について

    1.イエスはその人に言われた、「きつねには穴があり、空の鳥には巣がある。しかし、人の子にはまくらする所がない」。(マタイによる福音書 8:20) 2.しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と言い、中風の者にむかって、「起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と言わ…

    人を識別するとは何か、人を裁くとは何か

    信仰ステーションの兄弟姉妹の皆さんへ: 私は昨日、教会の仲間に偶然会いました。彼女は私が知らなかった聖書の奥義をたくさん語ってくれたので、私は彼女の話しから多くを学びました。しかし、彼女が牧師と長老たちの行動と行為を暴露して、彼らが現代のパリサイ人だと言った時、私はそれに賛成できませんでした。私は…

    イエスが悪魔に試みられる

    さて、イエスは御霊によって荒野に導かれた。悪魔に試みられるためである。そして、四十日四十夜、断食をし、そののち空腹になられた。すると試みる者がきて言った、「もしあなたが神の子であるなら、これらの石がパンになるように命じてごらんなさい」。イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神…

    ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種に注意すべきだ

    「ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種によく注意しなさい」(マタ16:6)主イエスはどんな背景の下でこう言われましたか。聖書にこう書かれています。「ファリサイ派とサドカイ派の人々が来て、イエスを試そうとして、天からのしるしを見せてほしいと願った。イエスはお答えになった。『あなたたちは、夕方には「夕…

    聖書の言葉-兄弟を愛する・ヨハネの第一の手紙4章21節

    聖書の言葉神を愛する者は、兄弟をも愛すべきである。この戒めを、わたしたちは神から授かっている。ヨハネの第一の手紙 4:21この聖句から分かることは、神様を愛する人として実際の行いは周りの兄弟姉妹を愛し、兄弟姉妹と互いに愛することは神様が我々に対する要求と命令です。私たちが守るべきです。だが実生活の中…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?