クリスチャンの結婚-やっとの思いで掴んだ結婚の裏に隠された神の愛

    2018年 11月 16日

    寄稿家:リー・チアン(ドイツ)

    「リン、リン、リン⋯⋯」

    近所の教会から心地の良いベルの音が聞こえてきました。コンピュータの前に座っていたリン・ユアンはご機嫌でした。彼は手を止めて、ストレッチをするために立ち上がろうとしました。立ち上がろうとしたその時、壁に掛かっていたある写真が彼の目に留まり、その写真には4人家族が写っていました。中年層の大人が2人、笑顔を見せながら隣通しで立っており、ある少女が弟の手を掴みながら両親の前に立ち、わんぱくな笑みを浮かべた幼い男の子はお姉ちゃんの肩に頭を寄り掛けていました。

    リン・ユアンはクリスチャン、そしてこの写真に写っているホストでもありました。この写真の円満な家族を見つめた彼は笑顔を浮かべ、思わず過去を振り返りました。

    クリスチャンの恋愛・結婚,やっとの思いで掴んだ結婚,神の愛

    リン・ユアンは田舎で貧しい家庭に生まれ、友達たちよりも矮小でした。彼が結婚年齢に達した時、大勢の人が彼に結婚相手になりうる女性を紹介しましたが、彼は背が低く家庭も貧乏だったので、女性たちは彼に興味を持ちませんでした。友人たちが相次いでパートナーを見つけているのを知ったリン・ユアンはとても動揺し、彼らに嫉妬しました。彼はこう思いました:「私はいつになったら、一緒に手をつないで日向を歩き、膝を交えて語り合い、人生を共にする妻を持つことができるんだ?」しかし、これらは全て彼の手の届かない所にありました。こう考えると、リン・ユアンは気が沈み、心の中でこう文句を言いました:「裕福な家庭、もしくは権力のある家庭に生まれていたら、そしてもっと背が高かったら、今頃は妻と一緒に人生の道を歩んでいたかもしれない。この現実に直面したリン・ユアンは、今よりも良い生活を求めて努力しなければならない、そして可愛くて善良なパートナーを手にするために奮闘しなければならないと自分に言い聞かせ、専門学校で技術を修得することに努力を注ぎました。

    卒業した後、リン・ユアンは地元に帰郷ました。技能があり、人の頼みによく応える彼はすぐに村の人気者になりました。彼は、「これで直ぐに好みのパートナーに出会えるぞ」と思いました。しかし、事態は彼の期待に反する展開となりました。リン・ユアンは他人から女性を何人か紹介されましたが、ブランドデートに現れた女性が彼に興味を持たなかったり、彼が彼女たちに心を引かれなかったりしたため、彼は依然として適切な結婚相手を見つけることができなかったのです。リン・ユアンはがっかりして落ち込み、誰が自分の妻になるのかは分からないままでした。

    1年後、リン・ユアンは他の地域の仕事から帰郷しました。他人の紹介で、彼はヂィハンと出会いました。彼女は小柄で可愛く、瞳は黒く輝き、赤いリンゴのようにピンク色でふっくらとしたほっぺたをしていました。彼女はとても内気でいつも下を向いていました。リン・ユアンは素朴なヂィハンをとても良く思いました。しかし、過去数回のブラインドデートに失敗していた彼は今回もこれがお付き合いに発展するという期待は持っていませんでした。しかし、予想外にも彼女は彼と結婚する意欲があり、彼らは喜んで婚約する日を決めたのでした。しかし、リン・ユアンと彼の家族が婚約祝いの宴会をどのように準備するかと話し合っていた時、彼らは突然、ヂィハンの家族は彼の家族を貧乏だという理由で嫌っており、沢山の要求をしていることを耳にしたのです。自尊心の高いリン・ユアンはこの要求を受け入れられず、彼らは別れてしまいました。この時、リン・ユアンはイライラしてこう思いました:「俺はもう独りで死ぬことになるのかもしれない。」彼の心は枯れていき、彼は結婚の希望を失ってしまいました。

    その半年後、リン・ユアンが外で働いていると、彼の家族は突然彼に実家に戻って婚約するように言ってきました。彼はこれを聞いてびっくりしました。彼はこう思いました:「最近はどの女性とも連絡を取っていないのに。一体だれと婚約しろって言うんだ?」緊張を胸に帰宅した彼はヂィハンの家族が彼らの結婚を承諾したことを知ったのです。しかしながら、リン・ユアンはこれを喜びませんでした。なぜなら、以前彼らの間に起こったことが原因で、ヂィハンへの愛情は既に薄くなっていたからです。今、彼は彼女との結婚に対してあまり乗り気ではありませんでした。しかし、彼は自分の両親が自分の結婚について相当心配してくれていたこと、そして、自分が彼らのことを心配してあげていなかったことを考慮し、嫌々ながらも彼女との結婚に合意したのです。

    後に、リン・ユアンは国有の工場の作業場で次長となり、以前よりも沢山給与を稼いでいたので回りの人たちから尊敬され始めました。その一年後、ヂィハンが大事故に遭い、命を落としそうになるとは誰も思っていませんでした。その時、リン・ユアンの親戚と友人たちが、ヂィハンはもうあまり働くことができないから彼女との婚約を破棄するようにと彼に勧めてきたのです。リン・ユアンは途方に暮れました。彼はヂィハンに対し特別な愛情を抱いてはいませんでしたが、彼女が極めて大変な状況でとても辛い思いをしている時に婚約を破棄するのは良心に欠けることだと思いました。従って、彼は彼女と別れるのではなく、むしろ時間を割いて彼女の世話をしました。ヂィハンと会話をしていると、リン・ユアンは彼女は優しくて思いやりがると思った上に、以前彼女が興味を持っていながらも彼と別れたのは家族からの圧力のせいであったということを知りました。これを知った後、彼女に対する誤解は解消されました。この時、彼は、彼女が未だに初めて出会った時の可愛くて純粋な女の子のままであることに気が付いたのです。その2年後、彼らは結婚し、すぐに可愛い赤ちゃんを授かりました。ヂィハンは善良で思慮深く、リン・ユアンの両親を大切にしました。彼女は神の御国の福音を受け入れた後、リン・ユアンを神の前に連れていきました。彼らは頻繁に一緒に神の御言葉を読み、神を讃えながら讃美歌を歌いました。リン・ユアンが職場で不満な状況や困難に遭遇すると、彼女は彼が問題を切り抜けられるよう積極的に彼と神の御言葉を語り合い、彼を支え、彼に付き添いました。リン・ユアンは神の愛が彼に幸せな生活をもたらしてくれたことを知りました。

    ある日、リン・ユアンは神の御言葉のこのパラグラフを読みました:「人間は、人生において多数の人々に出会うが、誰が結婚相手となるかを知っている者はいない。誰もが結婚という問題に対する個人的な概念や意見を持っているものの、結婚に関して、最終的に誰が相手となるかを予測出来る者はいない。また、自分の意向はほぼ問題外である。自分が好きな人物と出会い、その後その人物を追いかけることは出来るが、その人物が自分に関心を持っているか、自分の配偶者となり得るかは、自分自身で決められる問題ではない。自分が慕う人物は、必ずしも自分が人生を共に出来る相手ではない。その一方で、全く意外な人物が自分の人生に登場し、自分の運命において最も重要な要素であり、自分の運命が不可分に結びついている人物、すなわち配偶者となる。…結婚そのものがもたらすのが幸福であるか苦悶であるかを問わず、結婚における各人の使命は創造主により予め定められ、変わる事が無く、したがって皆それを全うする必要がある。また、それぞれの結婚の背景にある運命は変わらない。なぜなら、それは創造主により遙か以前に定められているからである。」
    リン・ユアンは神の御言葉をこう理解しました:「人の結婚は神によって支配され、予め定められており、それに関し人々は何もできないのです。人はその身分、地位、そして外見に関わらず、自らの結婚も、自らの結婚相手も決めることはできないのです。」過去失敗に終わった幾つかのブラインドデートを振り返ってみると、リン・ユアンが好きだった人は彼を好まず、彼に興味を持っていた人は彼にとって魅力的ではありませんでした。そして、彼とヂィハンの結婚は全くの予想外でした。最初、彼は彼女の家族から受けた多大なる要求が原因で彼女と別れ、彼は彼女を誤解してもいました。しかし、彼女の病気のおかげで二人はよりを戻し、彼は彼女と仲良くしているうちに彼女に対する誤解を取り除いただけでなく、彼女のことをもっとよく知ることになったのです。幾つもの失敗を経て、彼女は彼の妻になりました。リン・ユアンは人の結婚は自らが決めるものではなく、神によって支配され、計画されているということを身をもって体験したのです。彼はブラインドデートに失敗し、動揺して悲しみを味わい、結婚を諦めさえしました。これは全て神の主権を知らなかったことが原因であったことを彼はやっと知ったのです。

    後に、リン・ユアンはこの神の御言葉を目にしました:「神は人間を選択すると同時に人間のためにこうした環境を用意しますが、それは神が人間を救う働きに大いに有益です。外面的には、神は人間のために何ら劇的なことをしていないように見えますが、神は全てを秘密裏かつ謙虚に、そして静かに行うからです。しかし実際には、神がすることは全て人間の救いのための基盤を築き、将来の道を用意し、救いに必要な全ての条件を用意するためのものです。」神の御言葉から、リン・ユアンは神が人類を救われる善良なる御旨を知りました。神は誰かを救おうとされる時、その人のために、結婚を含め沢山の環境を苦心して用意され、その各環境には神の御心が宿っています。ヂィハンは見た目が普通で、背も低かったのですが、彼女は優しく思いやりがあり、リン・ユアンの両親を敬いました。最も大切なのは、ヂィハンが神の御国の福音を受け入れた後にリン・ユアンを神の前に導いたことでした。これは神の善良な御旨であったのではないでしょうか?彼はヂィハン以外の女性と結婚していたら、神の前に行く機会を手にしていなかったかもしれません。更に、彼は自分が手にしたものと自分が体験したことをふり返りました。貧しい家庭に生まれ、背が低く、ブライドデートで失敗し、幾度となく結婚が遅れ、そしてついに掴んだこの結婚。彼はこの全てに神からの愛が込められていたことを知ったのです。こう思ったリン・ユアンは神に対する感謝の気持でいっぱいになりました。
    以前、彼はブラインドデートで挫折を経験した時、誤解と不平を抱き、失敗したのは自分の平凡な外見と貧しい家族のせいだと思っていました。しかし、神の御言葉を読んだ後、結婚は結婚生活において2人のパートナーが取り組むべき使命によって決まり、人間の好みや、まして外的要因で決まるものではないことを彼は知りました。リン・ユアンは神がこのような適切な結婚を用意してくださったこと、円満な家庭を与えてくださったこと、そして更には救われる機会を与えてくださったことを神にとても感謝しました。

    「リン、リン、リン⋯⋯」

    近所の教会からもう一度心地の良いベルの音が聞こえてきました。

    通読おすすめ:

    クリスチャンの結婚-彼女のフィアンセが婚約を破棄した時

    幸せな結婚生活 – 一体誰が彼女の結婚生活を救ってくれたのでしょう?

    聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、いつでも私たちにご連絡ください。あなたの助けになることを望んでいます。私たちがキリストの中に互いに愛し合うように。

    コメントを残す

    讃美歌・メドレー・教会音楽 長時間、高音質

    讃美歌・メドレー・教会音楽 (長時間、高音質) 「最も人を愛するのは神だけである」 「聖霊の新しい業に従い神の賞賛を得る」 「受肉した神は静かに救いの業を為す」 「人を救う神の意図は変わることがない」 「人を救うからには神は人を完全に救う」 「神はいつも人を思いやる」 「神が人間を救うことの意義」…

    聖歌・讃美歌「人間に対する神の配慮の裏にある目的」

    人間に対する神の配慮の裏にある目的 Ⅰ もし神の支配を信じているなら 偶然は一つもないと知るべきだ 神は全てを定めている 何のためか 神の最終目標は何か それはあなたを暴くのではなく 完全にして救うことなのだ どのように神はあなたを完全にし、救うのか それはあなたの堕落、性質、本質、欠点を示すことに…

    クリスチャンの生活と証し・映画「救い」 真の救いとは何か・予告編

    この映画の主人公であるシュウ ジチァンは、長年神を信じ、熱心に神のために努力し、本分を尽くすために、あらゆることを犠牲にしてきました。そのため中国共産党に逮捕され、拷問されます。刑務所から釈放された後は、本分を尽くすことを続け、実践的な経験を積み、その説教や働きは兄弟姉妹の実際の問題を解決します。そ…

    エチオピアの宦官が福音を受け入れたことによってもたらされる啓示

    聖書にこう記されています。「さて、主の天使はフィリポに、『ここをたって南に向かい、エルサレムからガザへ下る道に行け』と言った。そこは寂しい道である。フィリポはすぐ出かけて行った。折から、エチオピアの女王カンダケの高官で、女王の全財政の管理をしていたエチオピア人の宦官が、エルサレムに礼拝に来て、帰る途…

    聖歌・賛美歌「これが神が救おうとする人類」

    聖歌・賛美歌「これが神が救おうとする人類」主の愛に感謝しますⅠ人は皆 ずっとサタンに踏みにじられ彼らはもはや 創世のアダムとエバではない神に逆らう 観念・知識・空想堕落した 性質ばかりでも神の目には 人は被造物でありでも神の目には 人は被造物であり人は皆 今でも神に造られたものⅡ人は皆 今なお神の支…

    神などはいないと言う人もいる。この視点はどのように間違っているのか。神が存在することをどのように確認するべきか

    神の御言葉による答え: 広大な宇宙に、どれほどの生ける物が、一つの普遍的な規則にしたがって生き、いのちの法則にしたがって、何度も何度も再生しているのか。死ぬ者は生きる者の物語を抱えて行き、生きている者は死んだ者と同じ悲惨な歴史を繰り返す。そこで、人は自問せずにはいられない─なぜわたしたちは生きている…

    私は神が存在すると信じているが、私はまだ若く、人生でなすべきことが多くある。忙しくなくなるまで待ってから神を信じても、まだ救いを得られるのか。

    神の御言葉による答え:人間の生活には、少しのぬくもりもなく、人間らしさや光がまったくない──それなのに、人間はそれに慣れていて、価値のない人生を送り、何事も成し遂げず、走り回っている。瞬く間に死が迫り、人間は悲痛な死を迎える。人間はこの世で何事も成し遂げず、何も得ない──ただあわただしくやって来て、…

    クリスチャンの証し-人生の新たな道を発見しました

    寄稿家:ティエシン(マレーシア) 目標を立てて全力で取り組む 貧乏だった私の家族はいつも人から馬鹿にされ、見下されていました。私の両親は私が幼かった頃から、「お前は競争心を持たなくてはだめだ。しっかりとした将来性があれば、誰からも見下されることはない」、と言って私を教育してきました。その当時、私は…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?