職場話題・仕事を維持する良い方法

メアリー(米国)

私は最初アメリカに来た時、言葉の壁が原因で、レストランのキッチンスタッフの仕事を見つけるのにかなりの時間がかかりました。しかし、ボスはとても気性が荒い人でした。彼は新規スタッフおよび前からいるスタッフに対しても、誰かのミスを見つけた場合、またはスタッフが彼の気に入らないことをした場合には怒鳴りつけたり、その場でそのスタッフをクビにしていました。私も最初は彼によく怒鳴られました。

私はレストランで特定の料理をいくつか担当していました。一度、ボスが私を試そうとしてこう聞いてきました、「メアリー、糖醋排骨(甘酢骨付き肉)のレシピは何だ?」私はとても緊張して、声が小さくなり、材料の1つを忘れてしまいました。すると、ボスはすかさずへらを自分の手に叩き付けて声を上げました、「何で俺はこんなバカを雇ってしまったんだ……」私はボスの厳しい言葉にとても傷つきましたが、あえて何も言いませんでした。キッチンにいた6人の中から誰かが毎日叱られ、その内3人は仕事中のミス、またはボスの気に入らないことをしてクビになってしまいました。私はそれが特に心配でした。毎日、私は職場に行くと神経が過敏になりました。そして、ミスを犯して皆の前で叱られることや、クビになることまで心配した私は全てを慎重に行いました。

職場話題,仕事を維持する良い方法

ある日、私はトレイいっぱいになった洗いたての皿を棚に置きに行ったのですが、突然足を滑らせて、抱えていた皿をトレイごと地面に落としてしまったのです。私は皿がたくさん割れたのを見て唖然としてしまいました。私はこう思いました、「これで終わりだわ、もうたくさん皿を割ってるから、ボスにばれたら間違いなくクビだわ。同僚も以前似たようなミスをしてクビになっていたわ。」私はこう考えるだけでも怖くて、どうしていいのか分かりませんでした。私のやらかしたことを他の同僚たちが聞いた時、その数人は「なんでそんなにそそっかしいのよ?いくら取られるか分からないわよ」、と言ったり、他の人たちは「もう、これで決まりね。メアリーは確実にクビだわ」、と言っていました。皆がこう言ったのを聞いて、私は、「この仕事を見つけるのは苦労したし、ボスに本当にクビにされたら、どうやって生活していけばいいの?」、と更に心配になりました。私は英語が下手だし、他のスキルもないし、他の仕事には就けないと分かっていました。その時、私の同僚がこう言いました、「ほら、これ片付けましょう。ボスにばれないようにしなきゃ。じゃないと、どんなにキツイ仕打ちを受けるか分からないわよ、メアリー。」料理長も駆けつけて来てこう言いました、「みんな、急いで、片付けを手伝うんだ。ボスに知らせる訳にはいかないぞ!」こうして私の同僚全員が片付けに取りかかってくれたのです。数人が床を掃いて、他の人たちが割れた皿の破片を拾ってくれている時、私は怖くなって、困惑ました。そして、私もできる限りごまかそうとして同僚が掃除するのを手伝いました。

しかし、私は床にしゃがんで数分間掃除をした後、心の中がとても気まずくなりました。私はクリスチャンです。私は明らかに皿を割ってしまったにもかかわらず、ボスに嘘をつこうとしました。これは欺瞞行為です。これは神の御心に適っていません。そして、私は神のこの御言葉を思い出しました。「正常な人間のように行動するということは、筋の通った話をするということである。然りは然り、否は否とだけ言いなさい。事実に忠実に、適切な話しかたをすること。ずるをしたり、嘘をついてはならない。」「神が人々に対して行う働きのあらゆる段階で、物事があたかも人の手配で生まれたかのようであり、あるいは人の干渉から生まれたかのようであり、外面的には人々の間の相互作用のように見えるかもしれないが、舞台裏では、働きのあらゆる段階、起こるすべてのことは、神の面前でサタンが作った賭けの対象であり、人々は、神に対する証しにしっかりと立つことが要求される。……当面、あなたには重要なことは何も起こっていないし、あなたは重大な証しはしていないが、あなたの毎日の生活の詳細はすべて神への証しに関連している。あなたが兄弟姉妹、あなたの家族、あなたの周囲のすべての人から称賛を得られたら、……」

神の御言葉を熟考し、私はこう気が付きました。「私はクリスチャンです、そして正直であり、嘘をつかないことは神から私たちに対する要件です。何か過ちを犯したなら、私は勇気を出してその責任を取る必要があります。なぜなら、そのように生きてのみ、私は人間らしさと尊厳を手にすることができるからです。この事件は表面的には私が皿を割ってしまっただけのことであるように見えますが、今回起こったことは私に対する試験なのです。神は側で私が真理を実践して正直になれるかを見ておられ、サタンも私が何を選択するかと待ちながら私のことを見ているのです。もし私が個人的なメリットを守ろうと試み、ボスに叱られることを恐れ、または解雇されることを心配していたら、偽りを使って対応し、神の証言をし損なってしまうでしょう。サタンは神の前で私を非難し、それが神の御名を傷つけることにもなるでしょう。それは、私が神を心から信仰する者ではないことを示してしまいます。こう考えた後、私の心の中は明るく晴れました。私は断固たる姿勢で神の証言をする必要があったのです。ボスが来た時、私は自分の犯したミスを認める心構えができていました。

この瞬間、私の手は動きが止まり始め、それを見た料理長がこう言いました。「メアリー、急いで片付けるんだ!ボスがもうすぐ来るぞ。」料理長がそう言ったのを聞いた時、私はまだ内心ビクビクしていましたが、それでも神の御言葉通りに振る舞って、正直に話す決意をしました。私はクビになっても、叱られても、文句を言わないと決めたのです。

私たちが掃除をし終わった後、私は料理長が破片をゴミ箱の下に隠しているのを見ました。私はこう言いました。「隠さないでください。ボスが来たら、私は正直に話して、値段がいくらでも払います。」私がまだ喋っている最中に、料理長が割り込んで心配そうに言いました。「メアリー、一体どうしたんだ?ボスに話すのか?そんなのクビにしてくださいって言っているようなもんだぞ。この仕事を失ってもいいのか?今仕事を見つけるのがどれだけ大変か知らないのか?破片をボスから隠すのを手伝ってあげるから、そうすればボスはお前を困らせたりしないよ。」私はボスに話すと決めていたので返事をしませんでした。

10分、20分と、時間はゆっくりと過ぎていきました。私は頭の中でボスの恐ろしい表情を思い描いてしまい、また緊張してビクビクし始めました。私は、神の要件は私たちが正直な人になることであると分かっていましたし、皿をたくさん割ってしまったことをボスに話したかったのですが、どうしてもクビになることが心配でした。「どうやってボスに説明するのが一番いいのかしら?」私は上手く言わないと間違いなく以前と同じくらい、またはそれ以上に叱られると確信していました。私は考えれば考えるほど、増々困惑していきました。あっと言う間に一時間が経ち、ボスが今にでも来るという時に、私はまだどうやってボスに説明するのかを決められていませんでした。私は心の中で祈ることしかできませんでした、「神様、私は怖いです。私は今日、真理を実践するために、ボスに心を開いて正直に話す必要があると分かっています。しかし、真実を話すことを考えると、どうしてもクビになることを心配してしまいます。神様、どうか私に自信と力をお与えください、そして私が自分のメリットを考慮せず、あなたを満足させるために真理を実践できるようにしてください。」こう祈りを捧げた後、神の御言葉のある節が突然私の頭に浮かびました。「人の心と霊は神の手の中にあり、人の生活全ては神に見られているのである。あなたがこのことを信じようと信じまいと、生けるものも死せるものも、ありとあらゆるものが、神の思いによって、移ろい、変化し、新しくされ、消え去るのである。これが、神が万物を支配する方法である。 」神の御言葉の御導きと啓蒙を受け、私の心は明るく晴れました。そうです、神は全ての物、出来事、そして人々を支配されておられるので、ボスの考えと私の仕事もその両方が神の御手の中にあるのです。私が職場に残ることを神がお許しになるのであれば、ボスは私をクビにはしないでしょうし、私が解雇されるのであれば、神はそれをも許可されたということであるため、私は単純に神の御采配に服従するべきなのです。これに気が付いた後、私の心はとても静まり落ち着きました。

一時間後、ボスがやって来ました。そして、私は心の中で神に祈りを捧げ、サタンの邪悪な力を打ち破って真理を実践できるような力を求めました。神に感謝します。私はボスの姿を見た時、どこから力が沸いてきたのかは分かりませんが、こう言いました、「ボス、今日、私はミスを犯してしまいました。」私の言ったことを聞いたボスは、怒らなかっただけでなく、うっすらと笑みを浮かべながら「何をやらかしたんだ?」、と言いました。私はゴミ袋を開けてこう言いました、「誤まって皿をたくさん割ってしまいました。ここに入っていますから、いくらの損失になるか確認していただいたら、私の給料から引いておいてください。」ボスは私の所にやって来て、袋の中の割れた皿を見た後に普通の口調でこう言いました、「弁償する必要はない、皿が割れただけじゃないか、どうでもいいよ。そんなことより、手を怪我してないといいけど。これからはもっと気を付けてくれよ。」そして、彼はもう一度私に怪我がないかと聞いてくれました。私はびっくりしたと同時にボスの言葉を聞いて嬉しくなりました。私がミスを犯した後に、あの気性の荒いボスがこんなこと言うなんて信じられませんでした。

その瞬間、私の同僚全員が唖然とした表情で私を見ました。彼らは私が本当に進んで自分のミスをボスに認めるとは想像もしておらず、私もボスが私に罰を与えないだけでなく、優しく話してくれるなんて全くの予想外でした。料理長は私と一緒にゴミ出しをしていた時、歩きながら私にこう言いました。「お前は一体何を考えていたんだ。このことはボスに言わなくてよかったのに。俺たちはボスがお前に冷たいことを知ってるから、助けてやるつもりだったのに。俺たちがボスに喋ってしまうって心配してたのか?」私は真剣な口調でこう言いました、「いいえ、あなたが本当に私を助けようとしてくれていたことは分かってました。でも、私はクリスチャンだし、神は私たちに正直になり、現実的に物事を行い、決して人を欺いてはならないと仰ったのです。私たちは過ちを犯したら、勇気を出してそれと向かい合って、それに耐える必要があるのです。それは、クリスチャンが生活の指針とする原則なんです。」料理長は驚いてこう言いました、「お前はクリスチャンなのか。どうりで、お前とは長い付き合いだけど、お前は他の人と違っていい人だなあっていつも思っていたんだ。お前のこと、本当に尊敬するよ。神を信仰することはいいことだな、俺も将来それについてお前からもっと勉強したいよ。」料理長がこう言ったのを聞いて、私はとても嬉しくなり、心から神に感謝しました。これは私が善良な人である故のことではなく、神の御言葉が私にもたらしてくださった効果なのです。

私が更に驚いたのは、あれ以降、ボスは私に怒鳴らなくなった上に、店が新しいスタッフを採用しようとする度に、私と相談して私の意見を考慮してくれるようになったのです。彼は更に私の給料を上げてくれました。今回の事件は、私が直面する全ての状況、そして私が遭遇する全ての人、出来事、そして物には神の御心が込められており、神はこれらの状況を使って私たちに更なる真理を御啓示くださるということを私は理解することができました。私たちは神の御要件に従って行動すれば、神の御導きと祝福を目の当たりにすることができるのです。神様に感謝します!

通読おすすめ:

職場で濡れ衣を着せられた彼女はどう対応したのか

聖書の部屋へようこそ。私たちのWebサイトのコンテンツに関してご提案、或は信仰における悩みやその他いろいろご質問がありましたら、私たちと分かち合いましょう。主イエス様は言われました。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。」(ヨハネによる福音書 15:12)いのちの成長を目指して、キリストにあってお互いに支え会いましょう。私たちが聖書の奥義を知り、神様に対する認識が深まるように、神様が導いてくださいますように。次の方法で私たちと連絡を取ることができます。ご連絡をお待ちしております。1.ウェブサイト下部にあるオンラインチャットウィンドウを利用。2.info@bible-jp.orgにメールを送信。

アプリ「やさしい聖書」:好きなときに聖書を読んで、主と共に歩もう
iOS、Android用の無料アプリ

コメントを残す