メニュー

聖書の言葉―主は戸を叩き、あなたは神の声を聞きましたか

聖書の言葉

見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。

この聖句は私たちに主を迎える道を示しています。終わりの日に、ある人は主が再来されて言葉を発されると証しする時に、私たちは尋ね求め考察すべきです。もし私たちがこれらの言葉はみな真理であり、神様の声であると聞き分けたら、私たちは主を迎えられて主と共に宴席に着くことができるのです。このような人は賢い乙女です。しかし、それら主の再来についての証しを聞いても、尋ね求めて考察しないだけではなく、ひいては神様の声を罪に定めて抵抗し、拒絶する人は愚かな乙女です。最終的に主に見捨てられ、暗闇に陥って歯ぎしりして泣くしかありません。このことから、主イエスの再来を迎えることにおいて、肝心なのは神様の声を聞き分けることだと分かりました。たとえば、主イエスが働く時に、悔い改めの道を発表し、それら主に従う弟子や使徒たちは、主イエスの言葉と働きから主イエスが来たるべきのメシアであることを認識でき、主の救いを得られました。それらユダヤ教のパリサイ人は神様の声を聞き分けず、ひいてはユダヤ人が主イエスに従うことを全力を尽くして阻み、このような人は神様に排除され懲罰を受ける対象になります。

現在、主を迎える肝心な時には、私たちすべての信者にとって、神様の声を聞き分けることも極めて重要なことです。これは私たちが神様の足跡に付き従い、主と共に宴席に着くことができるかどうかに関わっており、さらに私たちの結末と終着点に関わっています。

聖書の言葉, 主は戸を叩き, あなたは神の声を聞きましたか

そのため、私たちは謙虚で尋ね求め、花婿だ、迎えに出ないと叫ぶ声を聞いたら、いち早く尋ね求めて考察し、神様の発した声であるかどうか、神様の現れであるかどうかを聞き、尋ね求めて考察さえすれば、主の再来を迎えられるのです。一段落の御言葉を分かち合います。「神の足跡を探し求めている私たちは、神の心と、神の言葉、神の発する声を探り求める必要がある。神の新しい言葉があるところには神の声があり、神の足跡があるところには神の業があるからである。神による表現があるところには神の現れがあり、神の現れがあるところには真理と、道と、いのちがある。」

コメントを残す