神が義であるなら、善良な人々が脅かされ、抑圧され、苦難するのに邪悪な人々が悠々と成功するのはなぜか

    2018年 12月 05日

    聖書参照箇所

    「ある金持がいた。彼は紫の衣や細布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮していた。ところが、ラザロという貧乏人が全身でき物でおおわれて、この金持の玄関の前にすわり、その食卓から落ちるもので飢えをしのごうと望んでいた。その上、犬がきて彼のでき物をなめていた。この貧乏人がついに死に、御使たちに連れられてアブラハムのふところに送られた。金持も死んで葬られた。そして黄泉にいて苦しみながら、目をあげると、アブラハムとそのふところにいるラザロとが、はるかに見えた。そこで声をあげて言った、『父、アブラハムよ、わたしをあわれんでください。ラザロをおつかわしになって、その指先を水でぬらし、わたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの火炎の中で苦しみもだえています』。アブラハムが言った、『子よ、思い出すがよい。あなたは生前よいものを受け、ラザロの方は悪いものを受けた。しかし今ここでは、彼は慰められ、あなたは苦しみもだえている。そればかりか、わたしたちとあなたがたとの間には大きな淵がおいてあって、こちらからあなたがたの方へ渡ろうと思ってもできないし、そちらからわたしたちの方へ越えて来ることもできない』。そこで金持が言った、『父よ、ではお願いします。わたしの父の家へラザロをつかわしてください。わたしに五人の兄弟がいますので、こんな苦しい所へ来ることがないように、彼らに警告していただきたいのです』。」(ルカによる福音書16章19〜28節)

    善良な人々が脅かされ,邪悪な人々が悠々と成功する

    神の御言葉による答え:

    この生涯で幸運を得る者は、間違い無く永遠に苦難を受けるが、この生涯で苦難を受ける者は、間違い無く永遠に恵みを受けるであろう。私はそのように予定を定め、それは誰も変えることができない。誰も私の心を変えてはならず、私の言葉に何一つ加えてはならず、ましてや私の言葉を何一つ減らしてはならない。これに違反する者は、私が必ず罰する。

    キリストが最初に発した言葉と証し」より

    通読おすすめ:

    神が人類を愛しているのなら、なぜ神は災いを起こし、神を否定し抵抗するすべての邪悪な人々を殺すのか。

    私の見解では、どの宗教も善良であることを教えている。それは、どの宗教に従おうとも、誠実であり邪悪な行為をしない限り救いを得られるということか。

    コメントを残す

    霊的世界とは何であろうか

    それでは、霊的世界について話をしよう。霊的世界とは何であろうか。わたしが簡潔に説明する。霊的世界とは、物質世界とは異なる重要な場所である。それでは、わたしがそれを重要であると言う理由は何であろうか。これについて詳細に話をする。霊的世界の存在は、人間の物質世界と不可分の関連性がある。霊的世界は、神によ…

    しばしば「徳は恩恵を得、悪は報いを得る」と言われるが、ではなぜ神はすべての悪人を排除しないのか。

    神の御言葉による答え: 現在、そうした者の行動を問わず、そうした者は、神の経営を阻害せず、神の新たな業と無関係である限り、相応の罰の対象とはならない。なぜなら、怒りの日はまだ到来していないからである。神が既に取り扱われているべきであると人々が考えている物事は多数あり、人々はそのような邪悪を行う者は、…

    人間の人生における6つの節目ー出生:第1の節目

    ある者が生まれた時、どのような家庭に生まれるか、性別、容姿、出生時期などが、人間の人生における第1の節目の内容である。 第1の節目のこうした部分に関して選択出来る者はいない。それらの部分は、創造主により遙か以前に定められたものである。こうした部分は外的環境の影響を一切受けず、創造主により予め定めら…

    私たちクリスチャンはどのように結婚相手を選ぶべきでしょう

    信仰ステーションの兄弟姉妹の皆さんへ 私は結婚相手を見つける年頃になりました。私の結婚については両親から心配され、親戚と友人たちからもよく聞かれるので、私は重いプレッシャーを感じています。結婚相手を探す話しになると、私の未信者の友人たちは誰もが、「背が高くて、金持ちで、ハンサム」や「色白で、金持ち…

    キリスト教HDドキュメンタリ映画「万物の主権を握るお方」創造主の全能への証し【完全版】

    広大な宇宙に広がる天体。それぞれが寸分の狂いもなく軌道を回る。天の下では山も、川も、湖もそれぞれの領域を守り、あらゆる生物はいのちの法則に従い、四季を通じて生き、繁殖する・・・全ては美しく、完璧に作られ、配置されている―それを支配する力強い手は存在するのか。この世に生まれた瞬間から、だれもがその人生…

    人間の人生における6つの節目-独立:第3の節目

    ある者が少年期と思春期を経過し、当然の結果として徐々に成熟した後の段階は、青年期と訣別し、両親を離れ、独立した個人として将来の道へと向かうことである。この時点において、人間は成人が直面しなければならない人々、出来事、物事、そして自分の運命の鎖の接合部のひとつひとつと直面する必要がある。これが、人間が…

    聖歌・讃美歌「人間に対する神の配慮の裏にある目的」

    人間に対する神の配慮の裏にある目的 Ⅰ もし神の支配を信じているなら 偶然は一つもないと知るべきだ 神は全てを定めている 何のためか 神の最終目標は何か それはあなたを暴くのではなく 完全にして救うことなのだ どのように神はあなたを完全にし、救うのか それはあなたの堕落、性質、本質、欠点を示すことに…

    人間の人生における6つの節目-成長:第2の節目

    人間は、生まれた家庭により異なる様々な環境で育ち、自分の両親から様々な教えを受ける。これにより、ある者が成長して大人になるまでの条件が決定され、成長は個人の人生における第2の重要な節目となる。この節目においても、人間には選択の余地が無いことは言うまでも無い。この節目もまた、事前に定められた既定のもの…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?