聖書の名言-イースター(復活祭)についての17節の聖句

    2019年 03月 21日

    イースター(復活祭)はクリスチャンが主イエスの復活を記念するための重要な日です。復活祭について必ず読むべき聖書の17節の聖句は、主イエスの福音を理解するように導きます。

    聖書の名言,イースター(復活祭)を祝うことについての17節の聖句

    マタイによる福音書16:21
    この時から、イエス・キリストは、自分が必ずエルサレムに行き、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受け、殺され、そして三日目によみがえるべきことを、弟子たちに示しはじめられた。


    マタイによる福音書27:53
    そしてイエスの復活ののち、墓から出てきて、聖なる都にはいり、多くの人に現れた。


    マタイによる福音書28:5
    この御使は女たちにむかって言った、「恐れることはない。あなたがたが十字架におかかりになったイエスを捜していることは」


    マタイによる福音書28:6
    もうここにはおられない。かねて言われたとおりに、よみがえられたのである。さあ、イエスが納められていた場所をごらんなさい。


    マタイによる福音書28:7
    そして、急いで行って、弟子たちにこう伝えなさい、『イエスは死人の中からよみがえられた。見よ、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。そこでお会いできるであろう』。あなたがたに、これだけ言っておく。


    マルコによる福音書16:6
    するとこの若者は言った、「驚くことはない。あなたがたは十字架につけられたナザレ人イエスを捜しているのであろうが、イエスはよみがえって、ここにはおられない。ごらんなさい、ここがお納めした場所である。」


    ルカによる福音書24:7
    すなわち、人の子は必ず罪人らの手に渡され、十字架につけられ、そして三日目によみがえる、と仰せられたではないか。


    ヨハネによる福音書2:19
    イエスは彼らに答えて言われた、「この神殿をこわしたら、わたしは三日のうちに、それを起すであろう」。


    ヨハネによる福音書10:18
    だれかが、わたしからそれを取り去るのではない。わたしが、自分からそれを捨てるのである。わたしには、それを捨てる力があり、またそれを受ける力もある。これはわたしの父から授かった定めである。


    ヨハネによる福音書14:19
    もうしばらくしたら、世はもはやわたしを見なくなるだろう。しかし、あなたがたはわたしを見る。わたしが生きるので、あなたがたも生きるからである。


    使徒行伝1:3
    イエスは苦難を受けたのち、自分の生きていることを数々の確かな証拠によって示し、四十日にわたってたびたび彼らに現れて、神の国のことを語られた。


    使徒行伝2:24
    神はこのイエスを死の苦しみから解き放って、よみがえらせたのである。イエスが死に支配されているはずはなかったからである。


    使徒行伝2:32
    このイエスを、神はよみがえらせた。そして、わたしたちは皆その証人なのである。


    使徒行伝17:31
    神は、義をもってこの世界をさばくためその日を定め、お選びになったかたによってそれをなし遂げようとされている。すなわち、このかたを死人の中からよみがえらせ、その確証をすべての人に示されたのである。


    使徒行伝26:23
    すなわち、キリストが苦難を受けること、また、死人の中から最初によみがえって、この国民と異邦人とに、光を宣べ伝えるに至ることを、あかししたのです」。


    テモテヘの第二の手紙1:10
    そして今や、わたしたちの救主キリスト・イエスの出現によって明らかにされた恵みによるのである。キリストは死を滅ぼし、福音によっていのちと不死とを明らかに示されたのである。


    テモテヘの第二の手紙2:8
    ダビデの子孫として生れ、死人のうちからよみがえったイエス・キリストを、いつも思っていなさい。これがわたしの福音である。

    通読おすすめ:

    復活後にパンを食べ、聖句を説明するイエス

    復活後のイエスによる弟子達に対する言葉

    聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、いつでも私たちにご連絡ください。あなたの助けになることを望んでいます。私たちがキリストの中に互いに愛し合うように。

    コメントを残す

    日曜日に関しては、わたしたちは何問正しく答えられるか

    一、一週間には何日ありますか。こう聞かれたら、皆さんはきっと口をそろえて、「もちろん七日あります。これはだれも知っていますよ。聞く必要がないのではありませんか」と答えます。二、週の初めの日はいつですか。多くの人は考えもせずに、こう答えるでしょう。「もちろん月曜日です。なぜなら、土曜日、日曜日連続して…

    イースター(復活祭)の起源と主イエスの復活の意味

    イースターがもうすぐそこまで来ていたのです。聖書にも記録がある通り、イースターは次のように発端しました:イエス・キリストが弟子の1人の裏切りにより裁判所に連れていかれ、世界中の罪を贖うため、金曜日に進んで自らを犠牲にして十字架に釘付けにされました。ユダヤ法によると、土曜日は全ての活動を中止する必要が…

    復活後にパンを食べ、聖句を説明するイエス

    一緒に食卓につかれたとき、パンを取り、祝福してさき、彼らに渡しておられるうちに、彼らの目が開けて、それがイエスであることがわかった。すると、み姿が見えなくなった。彼らは互に言った、「道々お話しになったとき、また聖書を説き明してくださったとき、お互の心が内に燃えたではないか」。(ルカによる福音書 24…

    イースター(復活祭)とは?復活祭の意味は何か

    イースター(復活祭)とは?イースターの本当の意味は何か、あなたは知っていますか?2019年のイースターは4月21日(日)です。多くの人は復活祭がイエスの復活を祝うためのものであると信じています。実際には、そこにこめられているのはもっと深い意味です。イースター(復活祭)とは?イースターの起源イースター…

    主イエスが復活後に人類の前に出現された意義の2つの側面

    聖書にはこう記されています。「こう話していると、イエスが彼らの中にお立ちになった。〔そして「やすかれ」と言われた。〕彼らは恐れ驚いて、霊を見ているのだと思った。そこでイエスが言われた、「なぜおじ惑っているのか。どうして心に疑いを起すのか。わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしなのだ。さわって見なさ…

    福音動画「十字架の愛」主イエスの救い

    十字架の愛 従順という愛があります 奉献という愛があります 悔いがないという愛があります これらの愛は私たちの主イエスから来ています 主イエスは言われた。「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。 神が御…

    復活後のイエスによる弟子達に対する言葉

    八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の内におり、トマスも一緒にいた。戸はみな閉ざされていたが、イエスがはいってこられ、中に立って「安かれ」と言われた。それからトマスに言われた、「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさい。信じない者にならないで、信じ…

    主イエス様はどうしてトマスの信仰を称賛されなかったのか

    聖書にはこう記述されています、「八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の内におり、トマスも一緒にいた。戸はみな閉ざされていたが、イエスがはいってこられ、中に立って『安かれ』と言われた。それからトマスに言われた、『あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさ…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?