聖書の名言-「クリスマス」に関する21つの聖句

    2018年 12月 14日

    聖書の名言-「クリスマス」に関する21つの聖句


    ルカによる福音書 2:11
    きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生れになった。このかたこそ主なるキリストである。


    ルカによる福音書 2:14
    いと高きところでは、神に栄光があるように、地の上では、み心にかなう人々に平和があるように。

    ヨハネによる福音書 3:16
    神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。


    イザヤ書 43:4
    あなたはわが目に尊く、重んぜられるもの、わたしはあなたを愛するがゆえに、あなたの代りに人を与え、あなたの命の代りに民を与える。


    イザヤ書 42:3
    また傷ついた葦を折ることなく、ほのぐらい灯心を消すことなく、真実をもって道をしめす。


    コリント人への第一の手紙 13:13
    このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。


    ピリピ人への手紙 3:13-14
    すなわち、後のものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、目標を目ざして走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる神の賞与を得ようと努めているのである。


    ルカによる福音書 19:9
    きょう、救がこの家にきた。


    ヨハネの第一の手紙 1:9
    もし、わたしたちが自分の罪を告白するならば、神は真実で正しいかたであるから、その罪をゆるし、すべての不義からわたしたちをきよめて下さる。


    エレミヤ書 31:3
    わたしは限りなき愛をもってあなたを愛している。それゆえ、わたしは絶えずあなたに真実をつくしてきた。


    マタイによる福音書 5:4
    悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう。


    マタイによる福音書 5:8
    心の清い人たちは、さいわいである、彼らは神を見るであろう。


    マタイによる福音書 1:23
    「見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。その名はインマヌエルと呼ばれるであろう」。これは、「神われらと共にいます」という意味である。


    テサロニケ人への第一の手紙 5:16-18
    いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。

    聖書の名言,クリスマス,21つの聖句


    詩篇 121:1-2
    わたしは山にむかって目をあげる。わが助けは、どこから来るであろうか。わが助けは、天と地を造られた主から来る。


    ローマ人への手紙 8:28
    神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。


    イザヤ書 9:6
    ひとりのみどりごがわれわれのために生れた、ひとりの男の子がわれわれに与えられた。まつりごとはその肩にあり、その名は、「霊妙なる議士、大能の神、とこしえの父、平和の君」ととなえられる。


    ミカ書 5:2
    しかしベツレヘム・エフラタよ、あなたはユダの氏族のうちで小さい者だが、イスラエルを治める者があなたのうちからわたしのために出る。その出るのは昔から、いにしえの日からである。


    ローマ人への手紙 5:5
    そして、希望は失望に終ることはない。なぜなら、わたしたちに賜わっている聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからである。


    マタイによる福音書 6:30
    きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。


    コリント人への第一の手紙 13:4-8
    愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。愛はいつまでも絶えることがない。しかし、預言はすたれ、異言はやみ、知識はすたれるであろう。

    もっと見る:

    特別なクリスマスの プレゼント

    聖歌・賛美歌-クリスマス、それは愛

    聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、いつでも私たちにご連絡ください。あなたの助けになることを望んでいます。私たちがキリストの中に互いに愛し合うように。

    コメントを残す

    「三位一体」の神に対する最新の認識ができた

    寄稿家:惠美子ある日の早朝、窓の外では鳥がさえずり鳴いていました。私は普段通りに起き上がって聖書の勉強をしました。「第一のいましめはこれである、『イスラエルよ、聞け。主なるわたしたちの神は、ただひとりの主である。30心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして、主なるあなたの神を愛せよ』」(…

    教会の人間関係-4つの原則を把握すれば他人との付き合いが楽になる

    寄稿家:ワン・ヂィハン多くの人にとって、他人の相手をすることは極めて大きな問題です。私たちは実生活において多くの人々に遭遇します。波長の合う人もいれば、合わない人もいます。私たちはクリスチャンとして、周りの人々をどう扱うべきでしょう?主の御心に従うには、主のどのような要件を実践するべきなのでしょう?…

    キリスト教感動な賛美歌「受肉の神は最も愛すべき方」歌詞付き

    受肉の神は最も愛すべき方Ⅰ神は肉体となった後人の中で生活をして人の堕落しきった様子と生活の実情を見た肉体となった神は人の無力さ惨めさを深く感じていたそして彼らの悲しみも同じように深く感じていた受肉した神は人々の状態により深く同情し肉体としての本能で従う者達をより一層思いやったⅡいつも神の心の中では神…

    神に祈るとき、この3つの点を理解することはとても重要です

    兄弟姉妹の皆さん:主にあって平安がありますように。私たちクリスチャンにとって、祈りは神様との正常な関係を築くために重要です。特に朝夕の祈りは重要です。ですから、どのように祈るかを学ぶことは非常に重要なのです。けれども多くの兄弟姉妹が戸惑いを感じます。私たちは朝晩毎日祈り、食前の感謝と食後の感謝、集会…

    神の前で心を静めることについて

    神の前で自分の心を静めることは、神の言葉の中に生きるための重要な手順であり、現在全ての人々が緊急に入る必要のある課題である。神の前で自分の心を静める境地に入るには次のことが必要である。 1.外部の物事から自分の心を取り戻し、神の前で静まり、心を集中して神に祈る。 2.神の前で静まった心で、神の言…

    祈りの実践について(オーディオブック)

    あなたがたは日常生活において祈りに心を留めることが全くない。人々はいつも祈りを見過ごしてきた。従来の祈りはいい加減で、人が神の前でひととおりの動作をするだけだった。誰ひとり自分の心を完全に神の前に捧げて真の祈りをする者はなかったのである。人々が神に祈るのは、自分に何かあった時だけである。あなたは、今…

    どのように神に祈り崇拝するかについての代表的な言葉

    真に祈るとは何を意味するであろうか。それはあなたの心の中にある言葉を神に話すことであり、神の意志を把握し、神の言葉に基づいて神と交わることを意味する。またそれは殊更に神を身近に感じ、神が自分の目の前にいて、あなたには何か神に言いたいことがあると感じることである。またそれは、自分の心の中に光が射すのを…

    聖書の言葉-望みをいだいて喜び、患難に耐え、常に祈りなさい

    聖書の言葉望みをいだいて喜び、患難に耐え、常に祈りなさい。ローマ人への手紙 12:12生活上で、私たちが直面している苦境にかかわらず、不平を言ってはいけません、悲しんではいけません、避けてはいけません。忍耐強くなることを学び、いつも喜び、すべてが神の赦しと神のご厚意があることを信じることです。「たゆ…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?