「オオカミ子」が家に帰って来た

    寄稿家:シャオシン 数日前、私はある本で「オオカミ子」の話を読みました。内容は次のようなものです。 ある所に狩人がおり、彼の生まれたばかりの赤子がオオカミに連れ去られました。子供はオオカミに育てられて、だんだん成長します。ある日、狩人はこのオオカミ子を見つけました。我が子を家に連れて帰るために、狩人は自分の肉を切り取ってオオカミ子に食べさせさ

    「船」という字の由来と奥義

    わたしたちが知っているように、「船」は現代で航海し、遠出するのに欠かせない一種の乗り物であり、科学研究を行なったり、戦ったりするための一種の武器でもあります。ところが、「船」という字の由来と「船」という字の奥義を知っている人は少ないです。実は、「船」という字の構造には意味があるのです。どの字の背後にも一つの物語があります。今日、わたしたちは一

    二つの石の運命

    わたしはこういう物語を読んだことがあります。ある山には、二つの石が並び立っていました。ある日、一つ目の石は二つ目の石に「わたしは外の世界に行っていろいろと経験し、見聞を広めたいんだ」と言いました。二つ目の石はこれを聞いて、「ここの安逸な生活をあきらめない方がいいじゃないか」と勧めました。 しかし、一つ目の石はすでに、離れることを決めました。

    他人が自分をどう思っているかは重要なのか

    まっちゃんは小さな馬です。最近気分が落ち込んでいます。それはなぜですか。わたしたちは先週に起こったことから話しましょう。先週、草原で競走が行われました。参加したい動物はみな参加できます。まっちゃんはふだんも、草原の有名な足の早い馬です。だから、皆さんはまっちゃんが優勝できると思っていました。まっちゃんも自分が正常に発揮すれば、優勝者になるのに

    苦難は、神がわたしたちに与えられる最もよい祝福だ!

    ある日、わたしは次のような寓話を読みました。ある農夫は自分の小麦はいかなる劣悪な環境を経験せず、風は穏やか日はうららかの中で成長するように願っています。彼の願いどおりにかない、収穫の季節になり、麦の殻には実がありません。実は、小麦が豊作になるには、天地も凍る冬と吹きすさぶ寒風の洗礼、および劣悪な環境の試練を経験しなければ、小麦の粒が十分充実し

    片意地を捨てて、異なる意見を聞いてみるべきだ

    森の中に、大大という名のフクロウがいます。五羽のかわいい赤ちゃんを産んだ後、大大は赤ちゃんたちが健やかに楽しく育つために、もっと大きな巣を探すことを決めました。そして、森の奥深い所のあの大きな木を選んで、その上に巣を作ることを計画しました だが、よい友達本本は大大にこう勧めました。その木の下に狐さんが住んでいるから、新しい家をそこに建っては

    泥を振り落として、一歩一歩上がる

    ある農夫は一匹の老いたラバがいて、ある日ラバはうっかりして井戸に落ちました。井戸が深いので、どうしても救い出せなく、農夫はあきらめて、ラバが深い井戸の中でもがいているのを見るに忍びないので、泥で深い井戸を埋めることに決めました。農夫はシャベルで泥を井戸の中に投げ入れ、ラバはついでに背中の泥を振り落とし、そして泥を踏んで上へ上がりました。ラバは

    あなたにデマを見破る三つの方法を教えよう

    デマを軽々しく信じることの結果 昔、呉明飛刀という名の侠客がいました。彼は剣術が非常にうまくて、もっぱら富者の財貨を奪って貧者に施し、暴虐を取り除き良民を安んじ、いつも平民がそれらの悪者に対抗するのを助けました。それらの悪者は利益が損なわれた後、呉明飛刀を陥れようと、悪徳官吏と対策を相談しました。彼らはあちこちで人を殺したり、放火したり、平民

    うわべから物事を判断するには正確さがあるのか ——1つの絵によって改めて考えさせられる

    この絵の中に二羽のウサギがあります。一羽のウサギは自分のダイコンの葉が外見上大きいのを見て、非常に喜んでいます。もう一羽のウサギは自分のダイコンの葉が小さいのを見て、ダイコンが小さいと思ってしまい、つらい気持ちになりました。傍観者としてのわたしたちは、この絵の中の二羽のウサギがばかげていると感じるでしょう。だが、それを一笑に付した後、わたした