苦難を経験するのは、美しく咲くためである

    2017年 09月 15日

    果てしのない砂漠で、エメという名の花は咲いています。どの花も赤、黄、白、藍の四色があります。この花のために、砂漠の景色が美しくなりました。しかし、エメが美しく咲くまでにどのくらいの苦難を経験したかを知る人は少ないです。

    一般的に、幅広い根系を持つ植物だけが甚だしく水に欠けている砂漠でよりよく生存することができます。ところが、エメは一つの根しかありません。十分な水分と養分を取るためには、エメは絶えず根を土壌の深い所に下させるしかありません。それには、長い過程が必要です。この長い過程が終わるまでに、少なくとも五年の時間がかかります。この期間に、エメは孤独、寂しさと烈日、狂風……に耐えなければなりません。エメはいつも激しく揺れ、体じゅうが傷だらけになりました。しかし、あるうららかな日で、それは静かに咲いて、花としての使命を果たし、自分のあるべき価値を実現しました。

    安逸な生活の中では、強い命が容易に生まれません。苦難の背後には、往々にして神の御心が隠されています。

    箴言第17章3節でこう書かれています。「銀にはるつぼ、金には炉、心を試すのは主」。

    モーセは自分一人で荒野に入りました。一般の人の考えている、生存できない環境の中で、モーセは神に依り頼んで、四十年生活しました。苦しい生活のゆえに、彼は何事にも神に依り頼むことを学びました。そのため、神に対する彼の信仰はますます大きくなりました。荒野から出てきて神の委託を受けた後、彼は目の前に海があり、エジプトの軍隊が後ろから追ってくるという危険な状況に直面しても、全然恐れませんでした。彼は神の導きに依り頼んでイスラエルの民をエジプトから導き出し、神の委託を遂行しました。

    今あなたが苦境にあるなら、不平を言ってはならず、悲しみ憂えてはならず、また逃避してはなりません。なぜなら、苦境を経験する過程はまさに、わたしたちが命のために養分を取る過程です。それは、砂漠で常に暴風と砂あらしがあっても、命の強い花が依然として咲くのと同じです。生活の中でわたしたちがどんな圧力、悩み、苦境に直面しても、その中に神の許しと御心があることを信じるべきです。神は、わたしたちが逆境の中で神に祈り、依り頼むことを学ぶことを望んでおられます。神の導きに従い、神の言葉を実行するなら、わたしたちは砂漠の花のように苦境を乗り越えることができ、しかも神はモーセを導くのと同じように、わたしたちを導いてくださいます。こうして、わたしたちは苦難の中で成長し、ついにはわたしたちの人性が成熟し、わたしたちの命が強くなります。いつか、わたしたちが神のみわざを証しし、神の救いに報いることができる日がきっと来ます。その日になったら、わたしたちの命のあるべき価値が実現し、被造物として果たすべき本分も果たされました。

    通読おすすめ:

    ヨブ記感想-発病や苦難もまた神の恵みです

    聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、いつでも私たちにご連絡ください。あなたの助けになることを望んでいます。私たちがキリストの中に互いに愛し合うように。

    コメントを残す

    人生の意味ー命をお金と引き換えにする人生に別れを告げる

    「お金のために生き、お金のために死に、一生のあいだお金を追い求める。お金のために負け、お金のためにだまされ、お金のために生き、そして死ぬ」。この言葉は、今の時代に多くの人が一生涯、追い求めているものであり、この記事の筆者もその例外ではありません。かつて彼は、自分の命をお金と引き換えにし、お金で命を買…

    神などはいないと言う人もいる。この視点はどのように間違っているのか。神が存在することをどのように確認するべきか

    神の御言葉による答え: 広大な宇宙に、どれほどの生ける物が、一つの普遍的な規則にしたがって生き、いのちの法則にしたがって、何度も何度も再生しているのか。死ぬ者は生きる者の物語を抱えて行き、生きている者は死んだ者と同じ悲惨な歴史を繰り返す。そこで、人は自問せずにはいられない─なぜわたしたちは生きている…

    クリスチャンの結婚-やっとの思いで掴んだ結婚の裏に隠された神の愛

    寄稿家:リー・チアン(ドイツ)「リン、リン、リン⋯⋯」近所の教会から心地の良いベルの音が聞こえてきました。コンピュータの前に座っていたリン・ユアンはご機嫌でした。彼は手を止めて、ストレッチをするために立ち上がろうとしました。立ち上がろうとしたその時、壁に掛かっていたある写真が彼の目に留まり、その写真…

    私は神が存在すると信じているが、私はまだ若く、人生でなすべきことが多くある。忙しくなくなるまで待ってから神を信じても、まだ救いを得られるのか。

    神の御言葉による答え:人間の生活には、少しのぬくもりもなく、人間らしさや光がまったくない──それなのに、人間はそれに慣れていて、価値のない人生を送り、何事も成し遂げず、走り回っている。瞬く間に死が迫り、人間は悲痛な死を迎える。人間はこの世で何事も成し遂げず、何も得ない──ただあわただしくやって来て、…

    クリスチャンの生活と証し・映画「救い」 真の救いとは何か・完全な映画

    救いとは何でしょうか?主イエスを信じる者は、誠実に主に祈って罪を告白し悔い改めれば、罪は赦され、救われ、主が再臨するとすぐに天国へ引き上げられると信じています。 しかし、救いとは本当にそんな簡単なものなのでしょうか? この映画の主人公であるシュウ ジチァンは、長年神を信じ、熱心に神のために努力し、…

    クリスチャンの霊的な虚しさを感じた時はどう解消すればよいでしょうか

    信仰ステーションの兄弟姉妹の皆さんへ近頃、私は心の中がいつも虚しく感じます。以前は金欠だからとか、地位が低いからだと思っていました。しかし、ここ数年の間にこういったものは手にしたのですが、それでも虚しさが晴れません。私は頻繁に主に祈るのですが、それでもこの気持ちは心の中で毎日のように膨らんでいきます…

    クリスチャンの生活と証し・映画「救い」 真の救いとは何か・予告編

    この映画の主人公であるシュウ ジチァンは、長年神を信じ、熱心に神のために努力し、本分を尽くすために、あらゆることを犠牲にしてきました。そのため中国共産党に逮捕され、拷問されます。刑務所から釈放された後は、本分を尽くすことを続け、実践的な経験を積み、その説教や働きは兄弟姉妹の実際の問題を解決します。そ…

    出エジプト記映画ー神の導きによるイスラエルの出エジプト

    音楽ドキュメンタリー 「万物の主権を握るお方」抜粋シーン(7)神の導きによるイスラエルの出エジプト イスラエルの民をエジプトから連れ出す為、神はエジプトに10の災いを送り、その権威により海を2つに分け、イスラエルの民を奴隷生活から解放した。その全てが神の偉大なる力を現わし、選ばれし民への大きな愛と…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?