なぜペテロだけが主イエスがキリストだと分かったのか

    2017年 07月 29日

    聖書にこう書かれています。「イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行ったとき、弟子たちに、『人々は、人の子のことを何者だと言っているか』とお尋ねになった。弟子たちは言った。『「洗礼者ヨハネだ」と言う人も、「エリヤだ」と言う人もいます。ほかに、「エレミヤだ」とか、「預言者の一人だ」と言う人もいます』。イエスが言われた。『それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか』。シモン・ペテロが、『あなたはメシヤ、生ける神の子です』と答えた。すると、イエスはお答えになった。『シモン・バルヨナ、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ。わたしも言っておく。あなたはペテロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない。わたしはあなたに天の国の鍵を授ける。あなたが地上でつなぐことは、天上でもつながれる。あなたが地上で解くことは、天上でも解かれる』」(マタ16:13-19)。毎回この数節を見る時、わたしはこう思います。「同様に主イエスの弟子ですが、主イエスに『あなたがたはわたしを何者だと言うのか』と聞かれる時、彼らはそれぞれ異なった答えを出しました。ペテロだけが主イエスはキリスト、生ける神の子だと言い、主イエスの本来の本質と身分を見極めました。ペテロの答えは最も正しく、しかも主イエスの心にかないます。彼だけが神に対して最も認識があるから、主は天の国の鍵をペテロに授けられました。十二人の弟子が同様に主の追随者ですが、なぜペテロだけが主イエスがキリストだと分かったのですか」と。

    なぜペテロだけが主イエスがキリストだと分かったのか

    その後、わたしは聖書を読み、一部の兄弟姉妹たちと交流し、またこれらの問題において祈り、真理を求めることによって、神の啓きを得て、ペテロが主イエスがキリストだと知ったのは決して偶然ではなく、それは彼がふだんイエスのすることなすこと、イエスの所有しているもの、イエスの所是を注意深く観察することと密接な関係があると分かりました。主イエスが働いている間、ペテロは主イエスと共に食事をし、住みました。彼は現実生活の中で、主イエスの一挙一動、一言一行を観察することを重んじ、またこれらのディテールを通して、主イエスの中から流露される神の性質、神の喜怒哀楽をじっくりと味わいました。彼は特に主イエスのすべての言葉を重んじ、いつも主イエスの言葉の中で真理を求め、神の意志を探りました。彼は主イエスの一言一言は真理であって、人に真理、命を供給することができ、いかなる人も言い出せないことを見ました。しかも、主イエスの言葉、働きの中から、次第に神の性質、神の所有しているもの、神であるものを認識するようになりました。ペテロは次のことを見ました。主イエスは正常な人の外見をしています。人が想像しているように、彼は外見が非凡で、気品があり堂々としていて、王宮、貴族の家に生まれた、というのではありません。でも、主イエスが発表されるのはいかなる腐敗した人類も持っていない真理です。主イエスの中にあるのは完全に神の所有しているもの、神であるものです。主イエスの度量は非常に大きく、人類に対する彼の寛容さ、憐れみは無限です。彼はまたへりくだり、控え目に振る舞い、罪人と共に食卓に着きます。主イエスは傲慢ではなく、利己的ではありません。腐敗した人類のすべての腐敗した性質は主イエスの中に全然存在しません。主イエスの中から流露されるものはすべて、きよさ、義、人に対する無私の愛です。彼の喜怒哀楽は自分のためではありません。彼は彼の発表される真理が人類に光をもたらすために喜び、この腐敗した人類が罪の中に生きてサタンに苦しめられるために悲しみ憂えます。主イエスの発表される真理はすべての積極的な事物の実際です。このような本質と所是は神だけが持っておられます。ペテロは主イエスと付き合っている間のあらゆるディテールのゆえに、主イエスがキリスト、生ける神の子だと分かりました。最終的に、ペテロは神に対する認識のゆえに主に良しとされ、主は天の国の鍵と、羊の群れを牧するという任務とを彼に与えられました。

    ペテロが主イエスを認識する過程のゆえに、わたしはペテロを羨ましがり、また彼にあこがれています。ペテロの賞賛すべきところは、外見によらずに主イエスを認識し、主イエスのこの時点の言葉、働きを通して次第に経験し、注意深く体験し、神に対する認識、神の本質、神の性質と神の所有しているもの、神であるものに対する認識を追い求めることです。最終的に、彼は主イエスが受肉した神だと分かりました。ペテロが主イエスを認識したということで、わたしは少しの啓発を得ました。神を信じる過程の中で神に対する本当の認識を得ることを望むなら、神の言葉を認識することを重んじなければなりません。なぜなら、神の所有しているもの、神であるもの、神の性質、神の意志、神の人に対する要求などは神の言葉によってこそ認識することができ、人は神の言葉を心にとめてこそ、少しずつ神を認識することができるからです。これからは、わたしもペテロのように、神の言葉の中で多く真理を求め、神の意志を探り、神の働きを経験し、神の性質を認識し、神に対して認識を持つ人になることを追い求めます。

    関連閲読:

    ペテロは主に従った後、何を得たのでしょうか?

    ペテロはどのようにイエスを知るようになったか 

    聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、いつでも私たちにご連絡ください。あなたの助けになることを望んでいます。私たちがキリストの中に互いに愛し合うように。

    コメントを残す

    使徒ペテロ

    彼らが食事をすませると、イエスはシモン・ペテロに言われた、「ヨハネの子シモンよ、あなたはこの人たちが愛する以上に、わたしを愛するか」。ペテロは言った、「主よ、そうです。わたしがあなたを愛することは、あなたがご存じです」。イエスは彼に「わたしの小羊を養いなさい」と言われた。 またもう一度彼に言われた、…

    ワーシップソング「私が堕落して、再び神が嘆くことのないように」

    私が堕落して、再び神が嘆くことのないように神の日が近づくにつれ私は裁きによってどれほど多くの真理を得たのか反省せざるを得ない堕落して 再び神が嘆くことのないように神の義の性質が全て現れた神が大きな犠牲を払ったのは心を一つにする人たちを得るためだもしも私が心から神を愛するなら神の御心を思い神の御言葉を…

    洗礼されたイエス

    洗礼されたイエス そのときイエスは、ガリラヤを出てヨルダン川に現れ、ヨハネのところにきて、バプテスマを受けようとされた。 ところがヨハネは、それを思いとどまらせようとして言った、「わたしこそあなたからバプテスマを受けるはずですのに、あなたがわたしのところにおいでになるのですか」。 しかし、イエスは答…

    神が人類を愛しているのなら、なぜ神は災いを起こし、神を否定し抵抗するすべての邪悪な人々を殺すのか

    神の御言葉による答え: 万物の終わりが近づいたということは、神の働きが終わったことを示し、人類の発展の終わりを示す。このことは、サタンによって堕落させられたときの人類は発展の終わりを迎えた、そしてアダム、エバの子孫たちは、彼らそれぞれの終焉に向かって増えていったことを示し、さらに、サタンに堕落させら…

    聖歌「キリストの本質は神」歌詞付き

    美しい聖歌「キリストの本質は神」歌詞付きⅠ肉体となった神がキリスト人に真理を授けるキリストは神よ決して大げさじゃない神の本質を持つものだからその働きに神の性質と知恵がある人には届かない自らキリストと名乗っても行えぬは偽物なりキリストは単なる神の顕現なんかじゃない神のまとう特別な肉体人の中で業を行い …

    神の怒りは、人間にとって隠された未知のものだが、神の性質に反することを決して容赦しない

    愚かで無知な人間全てに対する神の処分は、主として憐れみと寛容さに基づいている。その一方、神の怒りは、ほぼ全ての場合、時間や物に隠れていて、人間に知られることは無い。その結果、神が怒りを示していることや、神の怒りそのものを人間が理解することは困難である。したがって、人間は神の怒りを軽視する。人間に忍耐…

    聖書の言葉-異邦人の中でりっぱにふるまう・ペテロの第一の手紙 2:12

    聖書の言葉 異邦人の中にあって、りっぱな行いをしなさい。そうすれば、彼らは、あなたがたを悪人呼ばわりしていても、あなたがたのりっぱなわざを見て、かえって、おとずれの日に神をあがめるようになろう。 ペテロの第一の手紙 2:12 この聖句では、私たちが日常生活の中で異邦人と付き合いするときに、私たち…

    ペテロは主に従った後、何を得たのでしょうか

    主の信仰者の中に、ペテロを知らない人はいません。聖書の記録によると、ペテロは主イエス様と出会う前は漁師だったそうです。ある朝、主イエス様はゲネサレト湖にやって来られ、人々は主イエス様の説教を聞こうと主に押し迫りました。その時、ペテロとその仲間たちはガリラヤ湖で夜通し漁を行ったばかりで、舟の隣で網を洗…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?