寓話-私の靴・My Shoes

    2018.07.28 +107

    動画の中に、男の子は古い服とぼろ靴を着用し、足の指がすべて靴から出ています。彼はよく嘲笑われ、苦痛の中で生きています。ある日、彼は新しい服と靴を着用している、一人の男の子がベンチに座っているのを目にしました。その男の子は彼に挨拶したが、彼は劣等感を持ちながらその場を離れました。ある大樹の下、彼は独り言で「その男の子になりたい」を繰り返し言いながら、自分にも素敵な服と靴を着用していることを幻想していました。結局、彼の願いは本当に実現されましたが、彼は一生車椅子に座らなければなりません。

    この動画は私たちにこのようなことを教えてくれます。私たちはよく自分が擁するものが見えず、他人が擁するものが目に入る、実は、神は人それぞれへの賜りは公平であります。そのため、私たちは、すべてのことにおいて違う角度から物事を見、そして神からの恵みを数えてみれば、私たちは自分が擁しており、他人にはないものが沢山あると気づくでしょう。

    聖書にはこう言われました。「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである」 テサロニケ人への第一の手紙 5:16-18

    一段落の御言葉を思い出しました。「人間は神の指揮と統治を認めないので、常に反抗的な姿勢で運命に立ち向かい、神の権威や統治、待ち受ける運命を捨て去ることを望み、現状と運命を変えようとする。しかし、人間は決してそれに成功することは無く、あらゆる行動が妨害される。その者の魂の奥深い所で発生するそうした葛藤は苦痛であり、その苦痛は忘れられないものであり、その者は常に自分の人生を浪費する。こうした痛みの原因は何であろうか。神による統治が原因であろうか、それともその者が生まれた時から不運であったことが原因であろうか。あきらかに、そのいずれも原因ではない。根底にある、人間が進む道、人間が選択する生活方法が原因となっている。こうした物事に気付かない者もいる。しかし、神が人間の運命を統治していることをあなたが真に知り、それを真に認め、自分のために神が計画し、決定した物事の全てが大きな利益であり、大いなる保護であるということを真に理解した場合、その痛みが次第に緩和され、心身共にくつろいだ気持ちになり、自由になり、解放される。大部分の人々の状態から判断すると、主観的には、従前のような生活を望まず、苦痛から解放されることを望んでいるが、客観的には、創造主による人間の運命統治の実際の価値や意義を真に把握出来ず、創造主による統治を認め、それに従う事も出来ず、まして創造主の指揮や采配を求め、受け入れる方法を知ることなど出来ない。そうしたわけで、ある者が、創造主が人間の運命と、人類のあらゆる物事を統治しているという事実を真に認められず、創造主による統治に真に服従できない場合、その者にとって、「人間の運命は自分の掌中にある」という観念に駆られたり捕らわれたりすることを避けること、運命や神の権威に対抗する厳しい葛藤による痛みを払拭するのは困難であろう。またその者にとって、真に解放されて自由になり、神を礼拝する者となることも困難であるのは、言うまでもない。」「唯一の神自身3 神の権威(2)」より

    もっと見る:讃美歌-私は全てのことにおいて神の指揮に従う

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?