65条のキリストが二回目降臨することに関する最も良い聖句

    2019年 09月 13日

    聖書には主イエスキリストの二回目の降臨について預言する聖句がたくさんあります。以下の聖句はイエスの再来の兆候、時間、方法及びキリストが再臨したらどんな働きをなさるかなどの面からまとめました。あなたがキリストの再臨する預言をよりよく理解し、そして、この中から新しい光を得て、一日も早くイエス・キリストの再臨を迎えられるように助けていきたいです。

    キリストが二回目降臨することに関する最も良い聖句

    一、主イエスの再来の兆候


    アモス書 4:6-8
    『わたしはまた、あなたがたのすべての町であなたがたの歯を清くし、あなたがたのすべての所でパンを乏しくした。それでも、あなたがたはわたしに帰らなかった』とヤーウェは言われる。『わたしはまた、刈入れまでなお三月あるのに雨をとどめて、あなたがたの上にくださず、この町には雨を降らし、かの町には雨を降らさず、この畑は雨をえ、かの畑は雨をえないで枯れた。そこで二つ三つの町が一つの町によろめいて行って、水を飲んでも、飽くことができなかった。それでも、あなたがたはわたしに帰らなかった』とヤーウェは言われる。


    アモス書 8:11
    主なる神は言われる、「見よ、わたしがききんをこの国に送る日が来る、それはパンのききんではない、水にかわくのでもない、ヤーウェの言葉を聞くことのききんである。


    マタイによる福音書 24:12
    また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。


    マタイによる福音書 24:6-8
    また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない。それは起らねばならないが、まだ終りではない。民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初めである。


    マタイによる福音書 24:32-33
    いちじくの木からこの譬を学びなさい。その枝が柔らかになり、葉が出るようになると、夏の近いことがわかる。そのように、すべてこれらのことを見たならば、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。


    ルカによる福音書 21:29-32
    それから一つの譬を話された、「いちじくの木を、またすべての木を見なさい。はや芽を出せば、あなたがたはそれを見て、夏がすでに近いと、自分で気づくのである。このようにあなたがたも、これらの事が起るのを見たなら、神の国が近いのだとさとりなさい。よく聞いておきなさい。これらの事が、ことごとく起るまでは、この時代は滅びることがない。」


    マタイによる福音書 24:29
    しかし、その時に起る患難の後、たちまち日は暗くなり、月はその光を放つことをやめ、星は空から落ち、天体は揺り動かされるであろう。


    ヨエル書 2:29-31
    その日わたしはまたわが霊をしもべ、はしために注ぐ。わたしはまた、天と地とにしるしを示す。すなわち血と、火と、煙の柱とがあるであろう。ヤーウェの大いなる恐るべき日が来る前に、日は暗く、月は血に変る。


    ヨハネの黙示録 6:12
    小羊が第六の封印を解いた時、わたしが見ていると、大地震が起って、太陽は毛織の荒布のように黒くなり、月は全面、血のようになり


    マタイによる福音書 24:14
    そしてこの御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、全世界に宣べ伝えられるであろう。そしてそれから最後が来るのである。


    マタイによる福音書 24:4-5
    そこでイエスは答えて言われた、「人に惑わされないように気をつけなさい。多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がキリストだと言って、多くの人を惑わすであろう。」


    マタイによる福音書 24:23-25
    そのとき、だれかがあなたがたに「見よ、ここにキリストがいる」、また、「あそこにいる」と言っても、それを信じるな。にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう。見よ、あなたがたに前もって言っておく。


    マタイによる福音書 24:48-49
    もしそれが悪い僕であって、自分の主人は帰りがおそいと心の中で思い、その僕仲間をたたきはじめ、また酒飲み仲間と一緒に食べたり飲んだりしているなら


    ヨハネの第二の手紙 1:7
    なぜなら、イエス・キリストが肉体をとってこられたことを告白しないで人を惑わす者が、多く世にはいってきたからである。そういう者は、惑わす者であり、反キリストである。


    ヨハネの第一の手紙 4:3
    イエスを告白しない霊は、すべて神から出ているものではない。これは、反キリストの霊である。あなたがたは、それが来るとかねて聞いていたが、今やすでに世にきている。


    二、主イエスがいつ戻って来られるのか


    ルカによる福音書 12:40
    あなたがたも用意していなさい。思いがけない時に人の子が来るからである。


    マルコによる福音書 13:32-33
    その日、その時は、だれも知らない。天にいる御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。気をつけて、目をさましていなさい。その時がいつであるか、あなたがたにはわからないからである。


    マタイによる福音書 25:13
    だから、目をさましていなさい。その日その時が、あなたがたにはわからないからである。


    マタイによる福音書 25:6
    夜中に、「さあ、花婿だ、迎えに出なさい」と呼ぶ声がした。

    三、主イエス・キリストの戻る方法


    ヨハネの黙示録 3:3
    だから、あなたが、どのようにして受けたか、また聞いたかを思い起して、それを守りとおし、かつ悔い改めなさい。もし目をさましていないなら、わたしは盗人のように来るであろう。どんな時にあなたのところに来るか、あなたには決してわからない。


    ヨハネの黙示録 16:15
    見よ、わたしは盗人のように来る。裸のままで歩かないように、また、裸の恥を見られないように、目をさまし着物を身に着けている者は、さいわいである。


    ルカによる福音書 17:24-25
    いなずまが天の端からひかり出て天の端へとひらめき渡るように、人の子もその日には同じようであるだろう。しかし、彼はまず多くの苦しみを受け、またこの時代の人々に捨てられねばならない。


    マタイによる福音書 24:30
    そのとき、人の子のしるしが天に現れるであろう。またそのとき、地のすべての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とをもって、人の子が天の雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。


    マタイによる福音書 26:64
    イエスは彼に言われた、「あなたの言うとおりである。しかし、わたしは言っておく。あなたがたは、間もなく、人の子が力ある者の右に座し、天の雲に乗って来るのを見るであろう」。


    マルコによる福音書 13:26
    そのとき、大いなる力と栄光とをもって、人の子が雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。


    ヨハネの黙示録 1:7
    見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう。しかり、アァメン。

    キリストが二回目降臨することに関する最も良い聖句

    四、主イエスが再臨したらどんな働きをなさるか


    イザヤ書 2:2-4
    終りの日に次のことが起る。ヤーウェの家の山は、もろもろの山のかしらとして堅く立ち、もろもろの峰よりも高くそびえ、すべて国はこれに流れてき、多くの民は来て言う、『さあ、われわれはヤーウェの山に登り、ヤコブの神の家へ行こう。彼はその道をわれわれに教えられる、われわれはその道に歩もう』と。律法はシオンから出、ヤーウェの言葉はエルサレムから出るからである。彼はもろもろの国のあいだにさばきを行い、多くの民のために仲裁に立たれる。こうして彼らはそのつるぎを打ちかえて、すきとし、そのやりを打ちかえて、かまとし、国は国にむかって、つるぎをあげず、彼らはもはや戦いのことを学ばない。


    ヨハネによる福音書 16:12-13
    わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう。


    ヨハネによる福音書 12:47-48
    たとい、わたしの言うことを聞いてそれを守らない人があっても、わたしはその人をさばかない。わたしがきたのは、この世をさばくためではなく、この世を救うためである。わたしを捨てて、わたしの言葉を受けいれない人には、その人をさばくものがある。わたしの語ったその言葉が、終りの日にその人をさばくであろう。


    ペテロの第一の手紙 4:17
    さばきが神の家から始められる時がきた。


    詩篇 75:2
    定まった時が来れば、わたしは公平をもってさばく。


    ヨハネによる福音書 5:22
    父はだれをもさばかない。さばきのことはすべて、子にゆだねられたからである。


    ヨハネによる福音書 5:27
    そして子は人の子であるから、子にさばきを行う権威をお与えになった。


    詩篇 67:4
    もろもろの国民を楽しませ、また喜び歌わせてください。あなたは公平をもってもろもろの民をさばき、地の上なるもろもろの国民を導かれるからです。


    イザヤ書 26:9
    わが魂は夜あなたを慕い、わがうちなる霊は、せつにあなたを求める。あなたのさばきが地に行われるとき、世に住む者は正義を学ぶからである。


    ヨハネの黙示録 14:7
    大声で言った、「神をおそれ、神に栄光を帰せよ。神のさばきの時がきたからである。天と地と海と水の源とを造られたかたを、伏し拝め」。


    ヨハネの黙示録 20:12
    また、死んでいた者が、大いなる者も小さき者も共に、御座の前に立っているのが見えた。かずかずの書物が開かれたが、もう一つの書物が開かれた。これはいのちの書であった。死人はそのしわざに応じ、この書物に書かれていることにしたがって、さばかれた。


    ヨハネの黙示録 11:18
    諸国民は怒り狂いましたが、あなたも怒りをあらわされました。そして、死人をさばき、あなたの僕なる預言者、聖徒、小さき者も、大いなる者も、すべて御名をおそれる者たちに報いを与え、また、地を滅ぼす者どもを滅ぼして下さる時がきました。

    五、キリストの二回目の降臨を待つ


    マタイによる福音書 25:6
    夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした。


    マタイによる福音書 25:13
    だから、目をさましていなさい。その日その時が、あなたがたにはわからないからである。


    ヨハネによる福音書 10:27
    わたしの羊はわたしの声に聞き従う。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしについて来る。


    ヨハネの黙示録 2:29
    耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。


    ヨハネの黙示録 3:20
    見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。

    コメントを残す

    主の再臨をお迎えする大変な経験(II)

    全能神はこうおっしゃっています。「ヤーウェの働きからイエスの働きまで、イエスの働きからこの現在の段階の働きまで、これら三段階は神の経営の全幅を覆うもので、そしてすべてひとつの霊による働きである。神が世界を創造した時から、神は常に人類を経営して来た。神は初めであり終わりであり、最初であり最後であり、時…

    私は神様の性別に対して、新たな認識がありました

    【編集者メモ】神は男性か、女性か。神には固定された性別があるのでしょうか。これは多くのキリスト教徒を混乱させる問題ですが、誰もそれをはっきり説明できません。本稿は神の性別の奥義を明らかにします。 寄稿家:シンユアン(オーストラリア) 神には果たして固定された性別があるのか。主イエスは男性として肉とな…

    聖書映画「敬虔の奥義:続編」抜粋シーン(1)主はどのように再臨されるか

    私たち信者は、主イエスが復活され、天国に上げられてから何世紀にもわたって救い主である彼の再臨を切に待ち望んでいます。主が再臨される際、復活したイエスの霊体が現れると多くの人々は信じています。しかしなぜ神様は、終わりの日において「人の子」として受肉され、お見えになったのでしょうか?神が言われます。「も…

    教会番组-寸劇2019「牧師の『ご厚意 』」

    ヤン・シャンミンはある宗派の同労者ですが、全能神が終わりの日における主イエスの再臨だと確信すると、兄弟姉妹を何人か全能神への帰依に導きます。しかし彼の牧師はそれに脅威を感じ、お金と地位で彼を誘惑しようとしたり、彼の息子の結婚を利用して真の道の放棄を迫ったりします。牧師の「ご厚意」に対して、シャンミン…

    教会番组-寸劇2019「戸を叩かれる主」

    「戸を叩かれる主」では、終わりの日に主が御言葉によって私たちの心の戸を叩いてくださり、賢い乙女が神の御声を聞き、子羊と婚宴を共にするということが、どのように実現するかが明らかにされる。 チャン・ショウダオ牧師は日頃から主の再来を待ちわびていたが、信徒のチェンによる「主が既に再来された」という証を聞…

    聖書の言葉―主は戸を叩き、あなたは神の声を聞きましたか

    聖書の言葉 見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。 ヨハネの黙示録3:20 この聖句は私たちに主を迎える道を示しています。終わりの日に、ある人は主が再来されて言葉を発され…

    主イエス様は終わりの日にどのように再臨されるのか

    寄稿家:リンリン(中国) 【編集者メモ】主イエス様は終わりの日にどのようにして再臨なさるのかという話しになると、主イエス様は雲に乗って公然と私たちの前に現れると大抵の兄弟姉妹は信じています。しかし、これについて当惑している兄弟姉妹もいます。なぜなら聖書には主は盗人のようにこっそり来られると預言されて…

    漫才動画「賢い乙女は誰だ」日本語吹き替え

    漫才動画「賢い乙女は誰だ」日本語吹き替え 主を心から信じる者はみな賢い乙女となり、終わりの日に主イエスの再臨を迎え、主との祝宴に参列することを望んでいます。では、賢い乙女とは何か?愚かな乙女とは何か?賢い乙女はどれほど賢いのか?愚かな乙女はどれほど愚かなのか?答えは漫才「賢い乙女は誰だ」の中で、主…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?