【ヨハネによる福音書】五千人に食べ物を与える

新約聖書,イエス・キリスト,ヨハネ福音書

そののち、イエスはガリラヤの海、すなわち、テベリヤ湖の向こう岸へ渡られた。 すると、大ぜいの群衆がイエスについてきた。病人たちになさっていたしるしを見たからである。 イエスは山に登って、弟子たちと一緒にそこで座につかれた。 時に、ユダヤ人の祭である過越が間近になっていた。 イエスは目をあげ、大ぜいの群衆が自分の方に集まって来るのを見て、ピリポに言われた、「どこからパンを買ってきて、この人々に食べさせようか」。 これはピリポをためそうとして言われたのであって、ご自分ではしようとすることを、よくご承知であった。 すると、ピリポはイエスに答えた、「二百デナリのパンがあっても、めいめいが少しずついただくにも足りますまい」。 弟子のひとり、シモン・ペテロの兄弟アンデレがイエスに言った、 ここに、大麦のパン五つと、さかな二ひきとを持っている子供がいます。しかし、こんなに大ぜいの人では、それが何になりましょう」。 イエスは「人々をすわらせなさい」と言われた。その場所には草が多かった。そこにすわった男の数は五千人ほどであった。 そこで、イエスはパンを取り、感謝してから、すわっている人々に分け与え、また、さかなをも同様にして、彼らの望むだけ分け与えられた。 人々がじゅうぶんに食べたのち、イエスは弟子たちに言われた、「少しでもむだにならないように、パンくずのあまりを集めなさい」。 そこで彼らが集めると、五つの大麦のパンを食べて残ったパンくずは、十二のかごにいっぱいになった。 人々はイエスのなさったこのしるしを見て、「ほんとうに、この人こそ世にきたるべき預言者である」と言った。 イエスは人々がきて、自分をとらえて王にしようとしていると知って、ただひとり、また山に退かれた。

もっと詳しく知りたい方は:
五つのパンと二匹の魚の奇跡は主イエス様のどういった御旨を伝えたのか?

イエスによる奇跡

聖書の部屋へようこそ。私たちのWebサイトのコンテンツに関してご提案、或は信仰における悩みやその他いろいろご質問がありましたら、私たちと分かち合いましょう。主イエス様は言われました。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。」(ヨハネによる福音書 15:12)いのちの成長を目指して、キリストにあってお互いに支え会いましょう。私たちが聖書の奥義を知り、神様に対する認識が深まるように、神様が導いてくださいますように。次の方法で私たちと連絡を取ることができます。ご連絡をお待ちしております。1.ウェブサイト下部にあるオンラインチャットウィンドウを利用。2.info@bible-jp.orgにメールを送信。

アプリ「やさしい聖書」:好きなときに聖書を読んで、主と共に歩もう
iOS、Android用の無料アプリ

コメントを残す