素晴らしい会話-全宗派が1つになる方法とは

    2018年 08月 20日

    ゾンパン:2016年、私は待ちわびていました。2017年、私はあともう少しで携挙されるところでした!2018年、主は再臨なさる時に私を天国に連れて行ってくださります!

    チュアンイン:あなたはキャッチフレーズを復唱しているだけじゃないですか。

    ゾンパン:キャッチフレーズを復唱しているとはどういうことですか?世界中の災難はどんどん大きくなっているじゃないですか。主の降臨されるという預言はもう実現したようなものですよ。まだ心配していなくて、引き上げていただけるでしょうか?

    チュアンイン:心配してどうなるんですか?人々はどのようにして携挙されるかご存知ですか?それに、宗派は沢山あるのに、どれが最初に携挙されるんですか?

    ゾンパン:実は、もうこの疑問について慎重に考えています。私は私たちの地元の教会が最初に携挙されるべきだと考えています。

    チュアンイン:どうしてですか?どうしてあなたの教会が最初の携挙されるべきなんですか?

    ゾンパン:それは私たちの教会は正統派だし、私たちが主を一番愛しているからです。他の大きな理由としては、私が地元の教会にいるということもあります。
    チュアンイン:なるほど、あなたの教会が最初に携挙されたら、他の宗派はどうなるんですか?

    ゾンパン:主は全能です。上手く行けば全部の教会が同時に携挙されますよ。笑。そうだ!あなたの言ってことを聞いてあることを思いだしましたよ。主イエス様を信仰している人は沢山いるんですよ。宗教界全体で2000以上の分派が存在しています。そして、多くの兄弟姉妹たちが自分のいる分派が一番の正統派で、主に一番認められていると感じています。でも私は分からないことがあります。聖書にこういう記述があるんです:「からだは一つ、御霊も一つである。あなたがたが召されたのは、一つの望みを目ざして召されたのと同様である。主は一つ、信仰は一つ、バプテスマは一つ。すべてのものの上にあり、すべてのものを貫き、すべてのものの内にいます、すべてのものの父なる神は一つである。」(エペソ人への手紙 4:4-6) 。私たち全員が主イエス様を信じて、同じ聖書を読んで、主の名に誓って祈りを捧げているというのに、どうして私たちはこんなに細々と分離しているでしょう?

    教会,宗派,宗教

    チュアンイン:兄弟姉妹の大多数がこの疑問に関して本当に困惑しています。実際に、律法の時代の末期、主イエス様が働きをしに来臨された前、宗教界は混乱状態にあり、ユダヤ教において多数の分派が作られました。自分たちを一番厳格な分派であると主張したパリサイ人の存在がありました。彼らは様々な儀式や、罪人たちと同じテーブルで食事をしなかったり、食事の前に手を洗う等といった禁制を順守することに重点を置いていました。また、サドカイ派、ゼロテ党等の存在もありました。彼らはそれぞれ別の教義に固執しました。これいついて聖書はこう記しています:「元来、サドカイ人は、復活とか天使とか霊とかは、いっさい存在しないと言い、パリサイ人は、それらは、みな存在すると主張している。」(使徒行伝 23:8)

    ゾンパン:正にその通りです。

    チュアンイン:主イエス様が来臨される前、ユダヤの各宗派はお互い論争し合っていました。彼らは誰もが自分たちの信仰が正しいと言って、お互いに譲歩して従うことを拒みました。しかし、主イエス様が贖いの働きをするために来られた時ですら、彼らは協力関係を形成して主イエス様に抵抗し、主イエス様を非難しました。最終的に、彼らはローマ政府と共謀し、主イエス様を十字架に釘付けにして凶悪な犯罪を犯し、神に罰せられ、呪われてしまいました。

    ゾンパン:その通り、彼らは主の知識を全く持っていなかったら、長年聖書を読んだのが無駄でしたね。

    チュアンイン:そうです、主イエス様はこう言ってパリサイ人を御叱りになりました、「イエスは答えて言われた、『なぜ、あなたがたも自分たちの言伝えによって、神のいましめを破っているのか。』」(マタイによる福音書15:3)「『この民は、口さきではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている。人間のいましめを教として教え、無意味にわたしを拝んでいる』」(マタイによる福音書15:8-9)。主の御言葉はとても明白です。パリサイ人とサドカイ派は表面的には神を信じ礼拝する人々のように見えましたが、彼らは人間の規則を守り、神の戒律に違反していたのです。彼らは名目上では神を信仰していましたが、実際には宗教的儀式を行ったり、しきたりを守っているだけで、誠実に神の御言葉に従っている者は1人もいませんでした。彼らは神を信じていましたが、神を称賛したり、神の証言をすることは決してありませんでした。彼らは人々に自分たちを尊敬させ、崇敬させようと、ある機会全てを使って自己顕著を行い、自分たちの証言をし、できること全てを人間の面前で行いました。人々から敬虔であると思われたかった彼らは衣服の縁を大きくして、その上に聖句を書きました。彼らはチャリティ団体に寄付をする時は他の人々がそれを見ていることを確認していました。彼らはわざと礼拝堂や十字路で祈りを捧げたり、祈りを捧げる時は意図的に悲しい表情を浮かべたりしていました。識別力を欠いた人々は彼らの見た目に騙されて彼らに従っていたのです。地位と生活を確保することが彼らの隠し持っていた動機だったのです。彼らは人々を自分たちの前に引き連れ、神を単なる名目上の長として扱い、教会を人々が指導者である宗教的組織と化してしまいました。彼らの本質は人間を求めて神と争った反キリストのと同じだったのです。従って、主イエス様は弟子たちにこう言って呼び掛けられました:「そこでイエスは言われた、『パリサイ人とサドカイ人とのパン種を、よくよく警戒せよ』。」(マタイによる福音書 16:6)。

    ゾンパン:そうですね、あなたの仰ることは筋が通っています。私はそんな交流は聞いたことがありませんよ。

    チュアンイン:主イエス様の御姿と働きが人間の持っていた様々な観念、規則、教義を打ち壊し、人々に実践すべき新たな道をもたらしました。こうしてのみ、人々は律法による制限、人間のしきたりと規則から完全に抜け出して主の御救いを授かることができます。当時、主イエス様に従うことは心から神を信じ、神に従うということでありましたが、パリサイ人に騙されていたユダヤ人は依然として律法に束縛された生活を送り、宗教指導者によって操られ、困惑させられ、そして漠然とした神を信じていたのです。

    ゾンパン:あなたの仰ることを聞いていると、律法の時代末期にユダヤ教において各宗教組織がどのようにして誕生したかが理解できます。ユダヤの各指導者はそれぞれの地位と生活を守るために何人かの信者を束縛して操り、徐々に人々を指導者とする宗教組織が生まれていったことが判明しました。最近は、宗教界全体に何千もの分派が存在しますが、それらはどのように形成されているのでしょう?彼らは同じ聖書を読んでいないのでしょうか?

    ページ: 1 2

    コメントを残す

    偽キリストを見分けることを学んでこそ、主を迎えることができる

    【編集者メモ】聖書には終わりの日には偽キリストが現れるという預言があります。では、主の再来を迎えつつ、偽キリストに警戒するにはどうすればよいでしょうか。用心して物事を避けるべきでしょうか。それとも神の声に注意深く耳を傾けるべきでしょうか。真偽を見分けるのが難しい時代に、主が来ると知らせる説教を聞いた…

    主の再臨をお迎えする大変な経験(II)

    全能神はこうおっしゃっています。「ヤーウェの働きからイエスの働きまで、イエスの働きからこの現在の段階の働きまで、これら三段階は神の経営の全幅を覆うもので、そしてすべてひとつの霊による働きである。神が世界を創造した時から、神は常に人類を経営して来た。神は初めであり終わりであり、最初であり最後であり、時…

    神様の性別の奥義を理解して、主の再臨をお迎えする(II)

    寄稿家:余光(カナダ)ある日、私が元々所属していた教会の姉妹が自宅に来て、熱心にこう言いました。「姉妹、主を信じる兄弟姉妹はみんな主の再臨を切望しています。いまや主はお戻りになったのですから、神様の性別が自分の観念に合わないからというだけでそれを探し求めも考察もしないなら、神様を閉め出していることに…

    教会番组-寸劇2019「戸を叩かれる主」

    「戸を叩かれる主」では、終わりの日に主が御言葉によって私たちの心の戸を叩いてくださり、賢い乙女が神の御声を聞き、子羊と婚宴を共にするということが、どのように実現するかが明らかにされる。 チャン・ショウダオ牧師は日頃から主の再来を待ちわびていたが、信徒のチェンによる「主が既に再来された」という証を聞…

    教会番组-寸劇2019「牧師の『ご厚意 』」

    ヤン・シャンミンはある宗派の同労者ですが、全能神が終わりの日における主イエスの再臨だと確信すると、兄弟姉妹を何人か全能神への帰依に導きます。しかし彼の牧師はそれに脅威を感じ、お金と地位で彼を誘惑しようとしたり、彼の息子の結婚を利用して真の道の放棄を迫ったりします。牧師の「ご厚意」に対して、シャンミン…

    讃美歌「すべての国々があなたの光のもとへ来る」礼拝賛美

    すべての国々があなたの光のもとへ来る Ⅰ あなたは大きく腕を広げて下さり 呻く人類を優しく抱かれる 力と思いやりの腕を差し伸べ 瞳は微笑み、明るく輝く 私たちはあなたの愛と憐れみに抱かれ 栄光の御顔は再び現れる 長らく堕落したこの世界に 今あなたの光が届いた この世は邪悪で堕落しており 救い主の再来…

    「待ち焦がれて」NO.3主がお見えになった時、誰が真っ先に引き上げられるのでしょう

    主の信者の多くは、犠牲を払い努力して奉仕に励めば、一番先に引き上げられると考えています。しかしそれは主の御言葉にあることですか?主イエスは言われました。「しかし、多くの先の者はあとになり、あとの者は先になるであろう。」(マタイによる福音書 19:30)「わたしの羊はわたしの声に聞き従う。」(ヨハネに…

    聖書の言葉―主は戸を叩き、あなたは神の声を聞きましたか

    聖書の言葉 見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。 ヨハネの黙示録3:20 この聖句は私たちに主を迎える道を示しています。終わりの日に、ある人は主が再来されて言葉を発され…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?