『スーパー・ブラッド・ウルフムーン』2019ユダヤ教のラビ:世界の終わりが近づいた

米航空宇宙局(NASA)によれば、米国東部時間2019年1月20日夜9時36分に、めったに見られない奇異な天体現象「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」が見られる。これは2018年1月31日にスーパー・ブルームーンが現れた後、再び現れた奇異な天体現象だ。今度の『スーパー・ブラッド・ウルフムーン』は北アメリカ、南アメリカ、欧州の西部とアフリカの部分地域で観測でき、カナダは全景を観測できる見通しだ。

『スーパー・ブラッド・ウルフムーン』は『スーパームーン』、『ブラッドムーン』と『ウルフムーン』を融合した三つの大きな天体現象だ。『スーパームーン』は月が近地点に達し、またちょうど満月の時で、月は普段よりも14%大きく、30%明るく見える。

スーパー,ブラッド,ウルフムーン,天体現象,世界の終わり

『ブラッドムーン』はつまり皆既月食で、太陽、地球、月が一直線に並んだ際、太陽スペクトル中のレッドライトは地球の大気を通過し、月で屈折及び照らしにより、月色がオレンジ色になる。

ウルフムーンとは何か。アメリカ人の習慣により、1月の最初の満月はウルフムーンと呼んでいる。この時のオオカミの叫び声が特に大きく、一番飢えている時だそうだ。

バトラー大学の教授、ホルコム天文台と天文館責任者ブライアン・マーフィー(Brian Murphy)は、東部標準時間1月20日の夜9時36分ごろ、『月が噛み切られる』のが見える。10時33分に部分月食の状態になり、11時41分に皆既月食になる。翌日夜明け12時12分に皆既月食のピーク時期になり、12時43分に皆既月食は終了する。

イスラエルのメディアの報道により、『スーパー・ブラッド・ウルフムーン』はちょうどユダヤの習俗中の四つ伝統的な新年の一つ『ユダヤ植樹祭』にあり、つまりユダヤ暦の十一月の第15日だ。

報道はユダヤ教の経典を引用して叙述し、日食はあらゆる国家に対しては悪い兆しなので、月食については、もし月が月食の時に赤くなる場合、今度間近に生じる『ブラッドムーン』みたいならば、世界上に大戦争が起こることを示していると言われた。

この奇異な天体現象に対し、ユダヤ教のラビグナトは前述した、ユダヤ暦の十一月に月食が現れたら、世界の災難が間もなく迅速にアップすることを示し、各地の天譴もますます多くなり、『万物の終わりが近づいた』と意味している。

グナトは地震や火山の爆発が大幅に増加し、昨年よりも多くなると表明した。月食は太陽と月が天空を支配するため生じたターゲット、地上でも似てる衝突もあり、現在ある強大国の国家は間もなく瓦解し、ある国家は繁栄していくだろう。

通読おすすめ:

150年に一度しか見られない珍しい天象「血の色をしたスーパー・ブルームーン」は 何を予告しているのか

2018年7月ブラッドムーンの再現-ヤ―ウェの大いなる恐るべき日来たる!

聖書の部屋へようこそ。私たちのWebサイトのコンテンツに関してご提案、或は信仰における悩みやその他いろいろご質問がありましたら、私たちと分かち合いましょう。主イエス様は言われました。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。」(ヨハネによる福音書 15:12)いのちの成長を目指して、キリストにあってお互いに支え会いましょう。私たちが聖書の奥義を知り、神様に対する認識が深まるように、神様が導いてくださいますように。次の方法で私たちと連絡を取ることができます。ご連絡をお待ちしております。1.ウェブサイト下部にあるオンラインチャットウィンドウを利用。2.info@bible-jp.orgにメールを送信。

アプリ「やさしい聖書」:好きなときに聖書を読んで、主と共に歩もう
iOS、Android用の無料アプリ

コメントを残す