『スーパー・ブラッド・ウルフムーン』2019ユダヤ教のラビ:世界の終わりが近づいた

    2019年 01月 19日

    米航空宇宙局(NASA)によれば、米国東部時間2019年1月20日夜9時36分に、めったに見られない奇異な天体現象「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」が見られる。これは2018年1月31日にスーパー・ブルームーンが現れた後、再び現れた奇異な天体現象だ。今度の『スーパー・ブラッド・ウルフムーン』は北アメリカ、南アメリカ、欧州の西部とアフリカの部分地域で観測でき、カナダは全景を観測できる見通しだ。

    『スーパー・ブラッド・ウルフムーン』は『スーパームーン』、『ブラッドムーン』と『ウルフムーン』を融合した三つの大きな天体現象だ。『スーパームーン』は月が近地点に達し、またちょうど満月の時で、月は普段よりも14%大きく、30%明るく見える。

    スーパー,ブラッド,ウルフムーン,天体現象,世界の終わり

    『ブラッドムーン』はつまり皆既月食で、太陽、地球、月が一直線に並んだ際、太陽スペクトル中のレッドライトは地球の大気を通過し、月で屈折及び照らしにより、月色がオレンジ色になる。

    ウルフムーンとは何か。アメリカ人の習慣により、1月の最初の満月はウルフムーンと呼んでいる。この時のオオカミの叫び声が特に大きく、一番飢えている時だそうだ。

    バトラー大学の教授、ホルコム天文台と天文館責任者ブライアン・マーフィー(Brian Murphy)は、東部標準時間1月20日の夜9時36分ごろ、『月が噛み切られる』のが見える。10時33分に部分月食の状態になり、11時41分に皆既月食になる。翌日夜明け12時12分に皆既月食のピーク時期になり、12時43分に皆既月食は終了する。

    イスラエルのメディアの報道により、『スーパー・ブラッド・ウルフムーン』はちょうどユダヤの習俗中の四つ伝統的な新年の一つ『ユダヤ植樹祭』にあり、つまりユダヤ暦の十一月の第15日だ。

    報道はユダヤ教の経典を引用して叙述し、日食はあらゆる国家に対しては悪い兆しなので、月食については、もし月が月食の時に赤くなる場合、今度間近に生じる『ブラッドムーン』みたいならば、世界上に大戦争が起こることを示していると言われた。

    この奇異な天体現象に対し、ユダヤ教のラビグナトは前述した、ユダヤ暦の十一月に月食が現れたら、世界の災難が間もなく迅速にアップすることを示し、各地の天譴もますます多くなり、『万物の終わりが近づいた』と意味している。

    グナトは地震や火山の爆発が大幅に増加し、昨年よりも多くなると表明した。月食は太陽と月が天空を支配するため生じたターゲット、地上でも似てる衝突もあり、現在ある強大国の国家は間もなく瓦解し、ある国家は繁栄していくだろう。

    通読おすすめ:

    150年に一度しか見られない珍しい天象「血の色をしたスーパー・ブルームーン」は 何を予告しているのか

    2018年7月ブラッドムーンの再現-ヤ―ウェの大いなる恐るべき日来たる!

    コメントを残す

    聖書の勉強会で受けた良い知らせ (I)

    寄稿家:チェンシャン(米国) 現在、兄弟姉妹の多くは偽キリストに騙されることを懸念して、軽い気持ちで説教を聞かないようにしています。しかし、このように心を閉ざし、自分の殻に閉じこもってしまうと、私たちのいのちの成長が遅れてしまい、主をお迎えする機会を逃し、最終的には主から見捨てられてしまいます。実際…

    「スーパームーン三連発」は異常なことが起こることを示しています

    専門家の予測によると、2019年2月19日と3月21日に、続けてスーパームーンが現れるとのことで、1月21日に現われた「スーパーブラッド・ウルフ・フムーン」に続く宇宙の珍しい現象が発生するとなるとのことです。 関連する情報によると、「スーパームーン」とは、満月が地球に最も近づく「近地点」のことを指…

    パリサイ人達のメシア預言との向き合い方からの学び

    二千年前、イスラエルの人々は、メシアの到来を待ちわびていました。にも関わらず、メシアである主イエス様がいよいよ来られたというその時、パリサイ人達はメジアを十字架にかけ、その結果神様の罰を受けることになりました―イスラエルの崩壊です。このイスラエルの苦い失敗を通して、私たちも自身を顧みる必要があります…

    聖書預言-終末の教会の現状

    アモス書 4:6-8 「わたしはまた、あなたがたのすべての町であなたがたの歯を清くし、あなたがたのすべての所でパンを乏しくした。それでも、あなたがたはわたしに帰らなかった」と主は言われる。「わたしはまた、刈入れまでなお三月あるのに雨をとどめて、あなたがたの上にくださず、この町には雨を降らし、かの町に…

    真のキリストと偽キリストの見極め方

    寄稿家:リ・リより 信仰ステーションの兄弟姉妹たちの皆さんへ、 こんにちは! 私の名前はリ・リと言います。私は家庭教会を管理している指導者です。私たちはある者が主イエス様は既に再臨されていると説いているのを耳にしました、しかし聖書では主イエス様は、「そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキ…

    キリストの再来についての七つの預言

    今はもう世の終わりの末期です。ヨハネの黙示録第22章12節では、主イエスは『見よ、わたしはすぐに来る』と言われました。主はわたしたちに、彼がまた来ると約束されましたが、主はすでに来られましたか。わたしたちはどうすれば主が再来したかどうかを知ることができますか。真心から主を信じて、主の到来を待ち望む兄…

    観念を脇に置いて、主の再来をお迎えしましょう

    寄稿家:ヂィフェン(中国) インシンは人生の半分以上も主を信仰してきた敬虔なクリスチャンです。彼女が残りの人生で一番強く望むことは主の再臨をお迎えし、天国に引き上げていただくことでした。しかし、ある者が彼女の自宅に来て、主が再臨されていると説いた時、観念の壁の影響により、彼女は幾度となくそれを受け入…

    150年に一度しか見られない珍しい天象「血の色をしたスーパー・ブルームーン」は 何を予告しているのか

    今年1月31日、150年に一度しか見られない珍しい天象――「血の色をしたスーパー・ブルームーン」が現れた。「ブルームーン」が現れた時、皆既月食が起こり、月は赤くなり、まるで血に染まったかのようだった。「ブルームーン」は、青くなった月を指すのではなく、同じ月に満月が 2 度あるときの 2 度目の満月を…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?