「聖書物語」カインとアベル

    2018年 10月 01日

    カインとアベル

    人はその妻エバを知った。彼女はみごもり、カインを産んで言った、「わたしは主によって、ひとりの人を得た」。彼女はまた、その弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。日がたって、カインは地の産物を持ってきて、主に供え物とした。アベルもまた、その群れのういごと肥えたものとを持ってきた。主はアベルとその供え物とを顧みられた。しかしカインとその供え物とは顧みられなかったので、カインは大いに憤って、顔を伏せた。そこで主はカインに言われた、「なぜあなたは憤るのですか、なぜ顔を伏せるのですか。正しい事をしているのでしたら、顔をあげたらよいでしょう。もし正しい事をしていないのでしたら、罪が門口に待ち伏せています。それはあなたを慕い求めますが、あなたはそれを治めなければなりません」。

    旧約聖書『創世記』第4章におけるカインとアベルの物語。カインとアベルは、アダムとエバの息子たちで兄がカイン、弟がアベルである。罪でカインはアベルを殺した。

    カインはアベルを殺した

    カインは弟アベルに言った、「さあ、野原へ行こう」。彼らが野にいたとき、カインは弟アベルに立ちかかって、これを殺した。主はカインに言われた、「弟アベルは、どこにいますか」。カインは答えた、「知りません。わたしが弟の番人でしょうか」。主は言われた、「あなたは何をしたのです。あなたの弟の血の声が土の中からわたしに叫んでいます。今あなたはのろわれてこの土地を離れなければなりません。この土地が口をあけて、あなたの手から弟の血を受けたからです。あなたが土地を耕しても、土地は、もはやあなたのために実を結びません。あなたは地上の放浪者となるでしょう」。カインは主に言った、「わたしの罰は重くて負いきれません。あなたは、きょう、わたしを地のおもてから追放されました。わたしはあなたを離れて、地上の放浪者とならねばなりません。わたしを見付ける人はだれでもわたしを殺すでしょう」。主はカインに言われた、「いや、そうではない。だれでもカインを殺す者は七倍の復讐を受けるでしょう」。そして主はカインを見付ける者が、だれも彼を打ち殺すことのないように、彼に一つのしるしをつけられた。カインは主の前を去って、エデンの東、ノドの地に住んだ。

    関連文書:
    「創世記」人類の堕落の起源

    コメントを残す

    関連した內容

    モーセは斥候を遣わしてカナンの地を探らせた

    ミリアムとアロンはモーセを非難した モーセはクシの女をめとっていたが、そのクシの女をめとったゆえをもって、ミリ […]

    「出エジプト記」神はモーセに現れる

    モーセは妻の父、ミデヤンの祭司エテロの羊の群れを飼っていたが、その群れを荒野の奥に導いて、神の山ホレブにきた。 […]

    「創世記」神は天と地とを創造された

    神は天と地とを創造された はじめに神は天と地とを創造された。 地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神 […]

    アブラハムに息子を与えると神様が約束された

    アブラハムに息子を与えると神様が約束された 主はマムレのテレビンの木のかたわらでアブラハムに現れられた。それは […]

    モーセが岩を叩き水が流れ出た

    イスラエルの人々の全会衆は、主の命に従って、シンの荒野を出発し、旅路を重ねて、レピデムに宿営したが、そこには民 […]

    紅海を渡るイスラエル人

    主はモーセに言われた、「イスラエルの人々に告げ、引き返して、ミグドルと海との間にあるピハヒロテの前、バアルゼポ […]

    ソロモンは知恵があるの裁き

    ソロモンの知恵 ある日、王はギベオンへ行って、そこで犠牲をささげようとした。それが主要な高き所であったからであ […]

    預言者ダニエル

    獅子口から生き帰り ダリヨスは全国を治めるために、その国に百二十人の総督を立てることをよしとし、また彼らの上に […]