なぜヨナは魚に呑み込まれたのか

    2017年 10月 21日

    ある日、わたしは聖書に関するいろいろな絵を見る時、魚がヨナを呑み込んでいる絵に引きつけられました。そして、わたしは聖書を開いて、ヨナ書にこう書かれているのを見ました。「主の言葉がアミタイの子ヨナに臨んだ。『さあ、大いなる都ニネベに行ってこれに呼びかけよ。彼らの悪はわたしの前に届いている』。しかしヨナは主から逃れようとして出発し、タルシシュに向かった。ヤッファに下ると、折よくタルシシュ行きの船が見つかったので、船賃を払って乗り込み、人々に紛れ込んで主から逃れようと、タルシュに向かった。

    主は大風を海に向かって放たれたので、海は大荒れとなり、船は今にも砕けんばかりとなった。……さて、人々は互いに言った。『さあ、くじを引こう。誰のせいで、我々にこの災難がふりかかったのか、はっきりさせよう』。……彼らがヨナの手足を捕えて海へほうり込むと、荒れ狂っていた海は静まった。……さて、主は巨大な魚に命じて、ヨナを呑み込ませられた」(ヨナ1:1-4、7、15;ヨナ2:1)。「ヨナは魚の腹の中から自分の神、主に祈りをささげて……主が命じられると、魚はヨナを陸地に吐き出した」(ヨナ2:2、11)。「主の言葉が再びヨナに臨んだ。『さあ、大いなる都ニネベに行って、わたしがお前に語る言葉を告げよ』。ヨナは主の命令どおり、直ちにニネベに行った。ニネベは非常に大きな都で、一回りするのに三日かかった。ヨナはまず都に入り、一日分の距離を歩きながら叫び、そして言った。『あと四十日すれば、ニネベの都は滅びる』。」(ヨナ3:1-4)。

    聖書のこれらの言葉を読んだ後、わたしは「なぜヨナはヤーウェ神の委託を拒絶したのか。なぜ彼は神の言葉に聞き従わなかったのか」と考えていました。だが、わたしはいくら考えてもこの問題が分かりません。

    ある日、わたしは教会の集会の中で、ヨナがヤーウェ神の委託を拒絶したことについての疑問を持ち出しました。当時、ある兄弟はこう言いました。「当時、ヤーウェ神の言葉がヨナに臨んで、彼に大いなる都ニネベに行って神の言葉を伝えるように命じました。しかし、ヨナはそこへ行きたくなかったのです。ニネベの人たちはすべて異邦人で、ヤーウェ神を礼拝せず、また神に逆らう、神が直接彼らを滅ぼせばいいじゃないか、彼らに神の言葉を伝えて何になるのか、と彼はそう思っていました。そのため、ヨナは神の彼に対する命令に従いませんでした。ヨナが不従順だから、災いは彼に臨みました。ヤーウェ神の言葉がもう一度ヨナに臨んだ時、彼はどうしても行かざるを得ませんでした。しかし当時、ヨナは『神がどうせ彼らを滅ぼすんだから、勝手に一言言えばいい』という気持ちでニネベに行ったのです。そのため、ヨナはニネベでただ一言言いました。『あと四十日すれば、ニネベの都は滅びる』と。ヨナの伝えた神の言葉がこんなに簡単であることからみて、ヨナはニネベの人たちの命のために神の言葉を伝えるのではなく、ただ形式的にそうするのでした。もしヨナがイスラエル人に神の言葉を伝えるなら、彼はきっともっと多くの言葉を言うでしょう。イスラエル人は神を信じる人、神の選民だから。しかし彼がニネベの人たちに伝えた神の言葉はそんなに簡単でした。ヨナの言動から見れば、ヨナは神を畏れる心を持たず、神の願いを顧みず、人を救おうとする神の御心を理解せず、自分の意志だけによって神の託したことをしていました。ヨナは知らなかったのです。神は激しい怒りを発することに決める時、人に悔い改める機会を与えるということ、神は彼の手で造られた人類を滅ぼすに忍びなくて、人が自分の腐敗、不従順を自覚して悔い改めると望んでいるということを。ヨナは神の御心を理解せず、神のなみなみならぬ苦心を理解せず、また、神の義なる性質の中に憐れみがあることを知りませんでした。そういうわけで、彼は神の働きに対して断定的判断を下しました。神の言葉を伝えた後、ヨナは場所を探して小屋を建てて高みの見物を決め込み、神がどのように大いなる都ニネベを滅ぼすかを見てみようとしました。彼はヤーウェ神がきっとニネベの町を滅ぼすと思っていました。だが意外にも、ニネベの人たちが心から悔い改めました。そのため、神は彼らに対する態度を変え、彼らに憐れみを施し、寛容を示し、しかも彼らを滅ぼさないことに決めました。これで分かるように、ヨナは神を畏れる心を持たず、観念、想像だけによって神について断定的判断を下すのでした。ヨナが神を畏れる心を持つ人であれば、彼がことを見透かせない時、或いは神のなさることが彼の観念にかなわない時、彼は『神のなさることは間違うはずがない。神はことを行う上で、きっと原則がある。人であるわたしは愚昧で無知で、霊界に通じることができない。凡人のわたしは神を認識できない』と思うはずでした。もし彼が神に対する観念、誤解を持たなかったなら、彼は神に対する従順さをもって神のなさるすべてのことを扱うことができました。そうだったら、彼は悪を避けることができ、神を裁き、神に逆らうこともなくなります」。

    兄弟の言葉を聞いた後、わたしはやっと分かりました。「ああ、ヨナが神の委託を拒絶したのは、彼が神を畏れる心を持たず、自分の観念、想像によって、神の働きについてみだりに論断し、断定的判断を下し、神の託したことをするからです。ニネベの人たちが異邦人で、イスラエルの神の選民ではない、彼らに神の言葉を伝えて何になるのか、神が直接彼らを滅ぼせばいいじゃないかと、彼は思っていました。だから、彼は神の委託を拒絶しました。それゆえに、彼らは魚に呑み込まれて、三日三晩魚の腹の中にいました」と。

    神の委託に対するヨナの態度によって、わたしたちは人類に対する神の寛容を見ました。ヨナが神に逆らい、神の委託を拒絶したけれど、神は彼に悔い改める機会を与えられました。ヨナが魚に呑み込まれましたが、魚はヨナを傷つけませんでした。このことから分かるように、神は邪悪な事物を恨み、神に逆らい、神の性質を犯す人を懲罰し、しかし人が悔い改め、変わる時、人に憐れみを施し、寛容を示されます。つまり、神の性質の中に、威厳、激しい怒りもあれば、慈しみ、憐れみもあります。

    ヨナのすることなすことは、わたしたちにとってよい戒めとなりました。以上から分かるように、神がわたしたちに対してどのように働いても、神がわたしたちにどんな要求を出しても、わたしたちは自分の考えによって神の働きを論断してはならず、神に従順で、神の意志を求め、神を畏れる心を抱くべきです。そうしてこそ、神の性質を犯さないですみます。「従順が祝福をもたらし、不従順が災いをもたらす」というのはそのとおりです。

    コメントを残す

    讃美歌「誰も積極的に神を理解しようとしない」あなたは神様の心を理解していますか

    誰も積極的に神を理解しようとしない Ⅰ 神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? Ⅱ 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づ…

    あなたは神の「みこころ」を理解しているのか

    昨日、わたしはインターネットでこういう物語を読みました。ある少年は外で大金を儲けました。そこで、彼は馬に乗って、喜んで家路をたどりました。しかし途中で大雨が降り出しました。そのため、彼の全身がびっしょりとぬれました。すると、彼はお天道様が意地悪をすると文句を言いました。彼が林まで行った時、拳銃を手に…

    病気にかかっている時、クリスチャンは四つの実行を持つべきである

    以前、母は体が弱くて病気にかかりやすいのでした。わたしが物心ついた時も、家には、もっぱらさまざまな薬を保存している引き出しがあり、しかも引き出しの中に、いつも薬がいっぱい詰めてあったのです。このような環境の中で育つわたしは病気になると、むやみに病気を治療します。病気にかかっている時、わたしは病気が早…

    三つの原則を把握したら、あなたはどのように神の試練を経験すべきかを知った

    愛のホットラインの兄弟姉妹たち拝啓近頃、わたしは霊の中で弱いです。娘の風邪がこじれて肺炎になりました。娘はもう一週間点滴を受けましたが、その病状がまだ好転していません。病気で苦しんでいる娘を見る時、わたしは非常に心を痛めています。できるなら娘の代わりに苦しみを受けたいくらいです。昨日の午後、夫の同僚…

    神と人間との契約のしるしとして虹を作る

    (創世記9:11-13)「わたしがあなたがたと立てるこの契約により、すべて肉なる者は、もはや洪水によって滅ぼされることはなく、また地を滅ぼす洪水は、再び起らないであろう」。さらに神は言われた、「これはわたしと、あなたがた及びあなたがたと共にいるすべての生き物との間に代々かぎりなく、わたしが立てる契約…

    真の父の御旨を行なうこととは何か

    「わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。」(マタイによる福音書7:21)父の御旨を行なうのはどのような人でしょうか。なぜ主イエスは神の名において預言し、悪魔を追い払い、素晴らしい働きを行なった人々に「あなたが…

    キリスト教讃美歌|創造主だけがこの人類にあわれみを持つ

    キリスト教讃美歌「創造主だけがこの人類にあわれみを持つ」 Ⅰ 創造主だけが とめどない愛とあわれみの絆を 人と分かち合う 創造主だけが 創造主だけが 全ての創造物を慈しむ 神のひとつひとつの思いは いつもいつも人のため 神の喜怒哀楽は 人の生存と絡み合う 神の存在と性質の表れは人のため すべて人のた…

    聖書のことばー「違った福音」をどう理解すべきか

    聖書にはこう記されています。「あなたがたがこんなにも早く、あなたがたをキリストの恵みの内へお招きになったかたから離れて、違った福音に落ちていくことが、わたしには不思議でならない。それは福音というべきものではなく、ただ、ある種の人々があなたがたをかき乱し、キリストの福音を曲げようとしているだけのことで…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?